razr
Galaxy Flip Z

Galaxy Flip Zがネット上で完売、だが2年目を迎えたフォルダブルの未来はまだ見えない

次の記事

Twitterが既存ツイートにワンクリックで投稿を追加してスレッド化する機能を実験中

米国時間2月19日、Samsung(サムスン)はGalaxy Flip Zがネット上で売り切れたと発表した。具体的な数字がないからなんとも言えないが、同社自身は売り出したばかりのフォルダブル(Foldable、折り畳み)式スマートフォンにいっそう強気になったようだ。昨年の最初の機種Galaxy Foldは、まさに「災難」だったが。

今度の機種は、消費者の反応もいい。この私も肯定的な記事を書いたが、そのときは24時間限定のプレス向け貸し出し機種だった。零下7度の土曜日に、そいつを返しに行ったことを覚えている。しかもこの機種は、iFixitの修理適性テストでMotorola(モトローラ)のRazrをやや上回った。10点満点でRazrは最低の1点、Flipは2点だったが勝ちは勝ちだ。

もちろん否定的な評価もある。iFixitによると、Flipにはヒンジ(蝶番)のところにホコリが入り込むおそれがある。「ホコリがこのスマートフォンのクリプトナイトになりそうだ」とiFixitはコメントしている。しかも、この1400ドル(約15万7000円)のスマートフォンは何よりもまず、その改良された折り畳みガラスが爪に弱い。爪がある人にとっては、明らかに欠点だ。

関連記事:Samsung Galaxy Z Flipとの日常生活(未訳)

寒い天候のせいだろうか、画面のひび割れという報告もある。被害の広がりはまだよくわからない。でもサムスンの救いの神はRazrかもしれない。まず、折り畳みテストの回数ではRazrはサムスンの最初の世代の製品よりも劣る。また評論家やユーザーは、ノイズが発生するRazrの折り畳みのメカニズムが不満だ。そして全体的な仕上がりもRazrは劣る。

Inputに載ったレビューは、これもたぶん寒さのせいだと思うが、折り畳みの部分で割れてしまった画面の写真をポストしている。この問題にモトローラは以下のように応じている。

Razrのディスプレイには完全な自信を持っており、正常な使い方で消費者が剥がれを経験することは予想していない。開発の過程でRazrは過酷な温度テストを行っている。すべての携帯電話に言えることだが、Motorolaはユーザーが電話機を摂氏マイナス20度以下、またはプラス60度以上の場所に保存しないことを推奨する。正常な使用で消費者が天候に関連したデバイスのエラーを体験し、それが乱用や誤用の結果でないときは、それは弊社の標準の保証の対象になる。

どのレビューも「待て」と言っている。Flipは確かに、このカテゴリーの正しい方向性を示しているし、その折り畳みガラスの技術をサムスンはライセンスしている。だからそのぶん後続のメーカーはスタートが楽だし、初期のFoldやRazrが犯した失敗を避けられる。

PCMagが行った最近のアンケート調査では、82%の消費者がこのようなデバイスを買う計画はないと答えた。心配として挙げたのは、ヒンジのノイズやスクリーンの強度、そして折り目だ。これらの不安はむしろ当然だ。

発売を急ぎすぎたことが裏目に出ている。アーリーアダプターを自認する人々は日頃からレビューをよく読む。そして問題があることを知ったら1500ドルから2000ドルもするデバイスに手を出すことを控えるだろう。アーリーアダプターの人たちでさえ、それだけのお金を払ってベータテストに参加する気にはならないだろう。

3歩進んで2歩下がると言う。あと1世代か2世代待ってみよう。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa