テスラCybertruckのラジコンカーがHot Wheelsから、割れた窓を再現するステッカー付き

次の記事

Spotifyの「まとめ」提供、Google Dataflow史上最大のジョブの舞台裏

Tesla(テスラ)がレトロ的で未来的な台形デザインの電動トラックを実際にどこかへ納車するよりもずっと早く、おもちゃメーカーのHot WheelsがCybertruck(サイバートラック)を発売する。ラジコンカー版Cybertruckには、1/64モデルと1/10モデルの2種類があり、それぞれ20ドル(約2200円)と400ドル(約4万4600円)となっている。

すでに予約販売をしているが、本物のテスラ車と同じく、発表された商品がすぐ買えるわけではない。Hot Wheelsのウェブサイトによると、発売予定日は2020年12月15日、すなわち今年のホリデーシーズンだ。

これのラジコンカーはテスラが2019年11月のイベントで披露したCybertruckを極めて忠実に表現しているようだ。大きな1/10モデルには、発表会のステージで起きた失敗を再現できる「割れた窓を表現する再利用可能なステッカー」が付属する。ただし、金属製のメディシンボールは自分で用意しなければならない。

  1. GXG30_04

  2. GXG31_01

  3. GXG31_02

  4. GXG31_03

  5. GXG31_04

  6. GXG31_05

  7. GXG30_01

またCybertruckの1/10モデルは、点灯するヘッドライトとテールライトが搭載されており、「リラックスモード」(Chill)と「スポーツモード」(Sport)に対応。四輪駆動にもできる。さらに取り外し可能な後部座席のトノーカバーや、入れ子式で実際に動くテレスコピックテールゲートなどもある。

小さくて買いやすい1/64スケールモデルは全長わずか3インチ(7.5cm)で、Hot Wheelsのミニモデルとなる。数学が得意な友人に言わせると、その最大速度は時速800kmに相当するそうだ。

発売は米国とカナダのみだが、Cybertruckの人気から考えると、爆発的に人気を博しそうだ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa