Xbox Series X
xbox
game

次期「Xbox Series X」の新情報をマイクロソフトが発表

次の記事

Petnetのスマート自動給餌器が1週間停止、同社の顧客対応にも大きな不満の声

Microsoft(マイクロソフト)が「Xbox Series X」のローンチを発表してから数カ月が経過した。そしてGame Awardsの期間中に、やや冗長な名前が付けられたこのゲーム機が2020年後半に発売されることが伝えられている。

大きなボックス型のデザインや新しいワイヤレスコントローラー、そしてゲームの下位互換性など、いくつかの特徴が公開された。しかし、この次世代ゲーム機を際立たせるような核心については触れられていなかったが、うれしいことにマイクロソフトのXbox担当責任者であるPhil Spencer(フィル・スペンサー)氏が、そのスペックの詳細について語っている。

「Xbox Series Xは最速かつ最強のゲーム機で、ユーザーが中心となるように設計されている」と、スペンサー氏はいう。「これは静的かつ大胆にデザインされた再現度の高いゲーム体験を意味し、4世代にわたり提供されてきた何千ものゲームタイトルが用意されており、より短い待ち時間でより長くプレイできるようになっている」

目玉機能は、当然ながら新プロセッサーだ。AMD Zen 2およびRDNA 2アーキテクチャをベースに設計された同チップは、Xbox Oneの4倍の処理能力を発揮する。GPUパフォーマンスは12テラフロップスで、Xbox One Xの2倍、初代Xbox Oneの8倍だ。その他の注目すべき追加機能には、フレームレートと解像度を向上させるVariable Rate Shadingとライティングを向上させるDirectX Raytracingがある。

Quick Resume機能は基本的に、プレーヤーが中断したところからゲームを再開できるというものだ。Dynamic Latency Input機能ではレイテンシーを低減することで、コントローラからの応答性の高いフィードバックを提供する。120fpsのフレームレートとHDMI 2.1もサポートされ、ゲームプレイの遅れを減少させるために自動的に最低レイテンシーモードに切り替わる。

上で述べたように、マイクロソフトから数世代のゲーム機がリリースされた現在、下位互換性が重要となっている。Game Passはクラウドゲームへの対応という同社の戦略において、ますます重要なものになっている。

さらなる詳細は「数カ月後」に明かされるが、「2020年のホリデーシーズン」の発売を予定しているPlayStation 5との厳しい競争に、マイクロソフトは直面することになる。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter