WiL
ストックマーク

文章解析AIのストックマークがWilから資金調達、企業内に眠る紙文書を解析して経営判断や営業施策に活用

次の記事

建設職人マッチングの助太刀がECサイト開設、電動工具の修理サービス開始

デジタル化された紙文書などを解析して、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援するストックマークは2月25日、ベンチャーキャピタルのWilから資金調達したことを明らかにした。

同社は2015年4月設立の東大発スタートアップ。東京大学大学院情報理工学研究科でのテキストマイニング・ディープラーニングの研究をベースしたAIを開発している。今回調達した資金は、研究開発費やサービスの認知向上のための広告宣伝費に当てられるとのこと。

日本語の文章を解析する独自のAI技術により、各企業に眠っている紙で記録されたデータなどを解析し、経営判断や営業施策に活用できるようにする。なお同社はデジタルデータ上の文章を解析するサービスを提供するのみで、紙文書のデジタル化などの業務は行っていない。

同社によると、企業が所有するデータのうち90%は企画書やメモ書きといった主に文章で構成された非構造化データで、これテキストデータ化することで、顧客ニーズのくみ取りや類似書類レコメンドに企画書作成の効率化、トレンドや動向といった各種データの可視化が可能になるという。

【2020.2.25 13:30 訂正】ストックマークの事業内容について一部間違いがありました。同社はクラウド上に保存された文書データを解析するサービスを展開しています。お詫びして訂正いたします。