建設職人マッチングの助太刀がECサイト開設、電動工具の修理サービス開始

次の記事

中国ハイテク企業はどのようにして新型コロナウイルスと戦っているのか?

建設に関わる職人と工事会社(建設現場)のマッチングサービス「助太刀」を運営する助太刀は2月25日、新たにECサイト「助太刀ストア」をオープンしたことを明らかにした。第1弾として、助太刀に登録済みの12万人超のユーザーはもちろん、新規登録することで助太刀ストアにて建設用工具の修理サービスを受けられるようになる。また5月からは工具の買い替えサービスも始める予定だ。同社は、 ‎2017年3月設立のスタートアップで、TechCrunch Tokyo 2017のスタートアップバトルのファイナリスト。

具体的には、「助太刀」アプリ内でカメラを使って対象の工具を撮影し、チャット機能を使って修理依頼できるのが特徴だ。従来とは異なり、電話での修理依頼やホームセンターの修理受付などに出向く必要はなく、建設現場や指定の場所まで対象の工具を引き取りに来てくれる。引き取られた工具は、各メーカーの修理センターに配送される仕組みだ。なお、運送ドライバーに工具を渡す前に梱包は済ませておく必要がある。

従来の建設工具修理のフロー

修理センターに工具が到着すると修理見積もりが発行されるので、料金を確認後、クレジットカードや銀行振り込みなどで代金を支払うと、実際に修理されるという流れだ。修理が完了すると助太刀アプリに通知が来るので、あとは返送先の住所をアプリに入力するだけだ。

「助太刀」アプリを利用した建設工具修理のフロー

工具が故障したら購入した販売店に出向いて修理を依頼、販売店が最寄りの修理センターに依頼というこれまでのフローを、助太刀アプリがショートカットして建設職人と修理センターをダイレクトに結ぶことで手間と時間を軽減する。同社によると、今回の工具の修理サービスを皮切りに、建築資材や工具の販売、建機のリースなどのサービスも展開していく計画とのこと。

【2020.02.25 09:50訂正】「助太刀ストア」の各種サービス開始時期に間違いがありました。助太刀ストアでの修理受付サービスは本日から始まっており、5月から買い替えサービスが開始される予定です。お詫びして訂正いたします。

【2020.02.25 11:15追記】

助太刀の資金調達先であり、株主でもある工機ホールディングスは同日に、助太刀ストアにて同社の電動工具ブランド「HiKOKI」(ハイコーキ)製品の修理サービスを提供することを明らかにした。

同社は2月3日から公式ウェブサイトで電動工具の集荷修理サービスを独自に開始を開始しているが、助太刀の登録ユーザーが12万人超であることから、自社以外でのサービス提供を決めた。なお、工機ホールディングスの旧社名は日立工機で、電動ドライバーやグラインダー、釘打ち機などの電動工具を製造する大手メーカーだ。