comcast
Xumo

Comcastが広告入りの無料ストリーミングサービスXumoを買収

次の記事

HPがXeroxによる敵対的買収回避のために数千億円規模の配当を株主に提案

Comcast(コムキャスト)が広告入りの無料ストリーミングサービスXumoを買収した。

190以上のチャンネルを展開しているXumoは、複雑なオーナーシップ履歴を持つ。同社はパナソニックと、Myspaceの親会社Viantの合同ベンチャーとして2011年に始まった。ViantはTime Incに2016年に買収されTime IncはのちにMeredithに買収された。

今回の買収については以前、Wall Street Journalが交渉中だと報じていたが、両社は買収の詳細を明らかにしていない。XumoはComcastのケーブル部門内で独立して運営される、とComcastは話している。

XUMOの才能あるチームはすばらしい、最高のストリーミング能力を生み出した」と同社は声明文で述べた。「このチームがComcastに加わることに興奮を覚えている。これからも発展するようサポートすることを楽しみにしている」

Viacom (現ViacomCBS)が別の広告入り無料ストリーミングサービスPluto TVに買収されてまだ1年ほどだ。

そして数カ月以内にComcast所有のNBCUniversalPeacockを立ち上げる。このサービスには有料サブスクリプションのオプションが含まれる一方で、NBCUniversalの会長Steve Burke(スティーブ・バーク)氏は「広告が入るプレミアムなコンテンツ」にフォーカスする余地があると主張し、同社は広告が果たすであろう役割を強調した。

Xumoが最後(2019年春)に公表した月間アクティブユーザー数は550万人だった。

画像クレジット: Erik McGregor / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi