新型コロナの影響を受けatama plusがAI学習の自宅受講を可能にするウェブ版を臨時配布へ

次の記事

リソース不足のスモールビジネス向け高品質ビデオ制作ツールVimeo Createがスタート

atama plusは2月25日、同社が開発する学習塾向けのAI学習教材「atama+」のウェブ版を臨時公開した。atama+を導入している全国の学習塾に順次配布している。

atama+は通常、学習塾でiPadなどのタブレット端末を使って塾講師と一緒に個別授業を進めるスタイルだが、新型コロナウイルスの影響により、自宅でも学習可能なウェブ版の公開に踏み切った。不要不急の外出を控えるという新たな政府見解に対応したかたちだ。

若年層は重症化しにくいという調査もあるが、20代の重体患者も出ている。仮に新型コロナウイルスに罹患して軽症で済んだとしても、罹患に気づかずに多くの人のウイルスをまき散らしてしまうスーパースプレッダーになる可能もある。学習塾のように狭いスペースで多人数が長時間滞在する場所は感染のリスクも高い。

生徒がウェブ版のatama plusを使っていても、塾講師はコーチングアプリの「atama+ COACH」により、生徒の自宅学習の状況をリアルタイムに把握でき、遠隔でコーチングが可能。塾で受講するのと変わらない環境を構築できる。