FLYMEe
COSIC

3Dインテリアコーディネート「KAREN」は「COSIC」に、インテリア通販「FLYMEe」との資本業務提携を締結

次の記事

Salesforce共同CEOのキース・ブロック氏が辞任

3Dインテリアコーディネートサービス「KAREN(カレン)」を運営するKARENは2月26日、リブランディングを実施し、サービス名は「COSIC(コシック)」、社名はコシックへと変更したことを明かした。

そしてコシックは同日、日本最大級の家具、インテリア通販サイト「FLYMEe(フライミー)」を運営するフライミーと資本業務提携を締結したことも併せて発表。フライミーを引受先とした第三者割当増資により、総額7000万円の資金を調達した。

2018年7月に設立されたコシックのミッションは、「家が世界一好きな場所になり、自分らしく幸せに生きる人を増やす」こと。代表取締役の武藤諒俊氏はリクルート、btraxの出身(詳しくはmasumi ohsakiによる記事を是非)。趣味は物件探し。9年で8回も引越しをするほどの物件マニアだ。「大学の頃からホームズやSUUMOをずーっと見ていた」という。そんな同氏は「引越し先に(持っていた家具が)合わない」というペインを経験し、3Dインテリアコーディネートサービスを開発するに至った。

「(家具が合わず)住みにくくなってしまうということが多かった。そのため、カフェに入り浸っていた。だが、本当だったら家でまったりしたり、仕事ができたほうが良い」(武藤氏)

COSICの最大の特徴は、採用率5%の選考に選ばれたプロフェッショナルが3Dイメージでコーディネートを提案すること。レコメンドにより「考える」、「探す」といった手間を省き、リアルな3Dイメージによって「試す」ことが可能。

  1. Processed with VSCO with fp8 preset

  2. Processed with VSCO with au5 preset

  3. 03

  4. Processed with VSCO with ka1 preset

  5. Processed with VSCO with au1 preset

  6. Processed with VSCO with av4 preset

  7. Processed with VSCO with au1 preset

  8. Processed with VSCO with av4 preset

  9. Processed with VSCO with au5 preset

サービスの利用料金は1部屋当たり14900円。手持ちの家具をコーディネートに2点まで追加可能(3点以上は有料で対応可能)、1回の「お直し」に対応でき、データ入力が完了してから最長で12日営業日ほどで提案が届く。そして、特別価格で家具を購入することができる。

「インテリアを買いたい時に、悩まず、探さず、コーディネートが購入までできるサービスとなっている」(武藤氏)

メインのユーザー層は、30代で子持ちの主婦、そして20から30代の独身男性。

主婦は子供のおもちゃなどがキチンと収納でき、かつお洒落なコーディネート。独身男性はセンスに自信がなく忙しいため、映える(要するにモテる)部屋にしたいと考えていることが多いそうだ。

COSICの他にも家具のコーディネートサービスはある。だが、例えば大手家具ブランドが提供するものは、そのブランドの家具のみを使用したコーディネートサービスとなってしまう。1つのブランドで納得のいくコーディネートを組むのは難しいだろうし、家具を「まとめ売り」するためのサービスに見えがちとも言える。家具が部屋には大きすぎたり、世界観にマッチしなかったり、ということも起こりうる。

そんな中、COSICではフライミーとの資本業務提携により、商品の幅をかなり広げることに成功した。FLYMEeは500以上のブランドを取り扱う、家具、インテリアの通販サイトだ。同サイトで取り揃えている約2万点の商品、そしてフライミーの法人営業部が取り扱う「EC サイト掲載外」の数十万点の商品が、COSICが元々用意していた2万点に加わった。

他のコーディネートサービスやコーディネートサービスを提供しているサブスク系のサービスがある中、品揃えの多さは、COSICにとって大きな強みとなると武藤氏は説明する。

「ユーザーにとって、多い選択肢の中から絞り込まれた(家具を使った)コーディネートのほうが納得感は強い」(武藤氏)

武藤氏いわく、COSICでは「家具を売るところでかなりマネタイズをしている」。「そこに対する体制構築をどうするのか、というのは事業課題としてあった。そのためには、自社でECの体制を作る、もしくはどこかECの会社と一緒にやる、という選択肢があった」(武藤氏)。

武藤氏が言うには、インテリア×ITという領域の経営者には、自身のように「意思決定の中に美しさやセンス、感性を含めている人物」は少ない。だが、フライミー代表取締役社長の坂本如矢氏と偶然、出会った際には、「感性」を重視している点で意気投合した。もともと積極的に提携先を探していたわけではなかったが、資本業務提携を締結するまでに至った。

コシックでは2020年中にキャッシュフローを黒転させることを目指している。調達した資金7000万円はPM、デザイナー、エンジニアなどの採用、そして、これまではSNSや口コミに頼っていたが、「再現性を持った集客を検討」(武藤氏)しているため、マーケティングに使う予定だ。同社は2019年3月、個人投資家でエウレカ創業者の赤坂優氏、西川順氏、Fablic創業者のtakejune氏から、数千万円規模の資金調達を実施したと発表した。

【訂正:11:54】料金の表記などに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。