Twitterが「返信を非表示」APIをデベロッパーに公開

次の記事

ソニーが初の5Gフラッグシップとなるトリプルレンズ搭載のXperia 1 IIを発表

昨年11月、Twitterは「返信を非表示」にする機能を全世界に公開した。この機能はオンライントロール(荒らし)が会話を妨害することを防ぐのが主な目的で、ユーザーは自分のツイートに対するどの返信を表示するかを選べるようになる。米国時間2月26日、Twitterは返信を非表示にする機能をデベロッパーコミュニティーにも公開し、ユーザーがツイートへの返信を迅速かつ効率よく非表示にできるツールを開発できるようにした。

この種のツールは、Twitterを活用している企業やブランドが、自分のアカウントへの返信が多すぎて個別には対応が難しい場合などにとりわけ有効だ。新たに返信の非表示APIが公開されたことで、デベロッパーは顧客にとって重要な要因に基づいて自動的に迷惑なツイートを隠すツールをつくることができる。たとえば特定の禁止キーワードを含むツイートや有害なスコアの高いツイートなどだ。

今日の公開に先立ち、Twitterは少数のデベロッパーの協力を得て、新機能を利用したツールをすでに公開している。

Alphabet傘下の会社でウェブの悪と戦っているJigsawは、自社のPerspective APIにTwitterの新機能を統合し、AIを利用してツイートに有害スコアをつける。有害スコアが一定値(.94)を超えた返信は自動的に非表示になり、ユーザーはそれまで手動で選り分けていた時間を有効利用できる。

ビジネスワークフローのためのスクリプティング・プラットフォーム、reshuffleは、新機能を使ってキーワードユーザーに基づいて返信を検出し非表示するスクリプトを開発した。

人気アプリのQuotedRepliesの開発者であるDara Oladosu氏もこのAPIを使ってHide Unwanted Repliesというアプリをつくった。現在同アプリはキーワードまたはTwitterハンドルに基づいて自動的に返信を非表示にする。近々、トロールやボットの可能性の高いアカウントによる返信を非表示にする機能も追加する予定だ。作られたばかりのアカウントのツイートやフォロワーの少なすぎるアカウントなどだ。

返信の非表示はこれまでで最も賛否の分かれるTwitter機能だ。ユーザーが批判を抹殺したり、権利が与えられるべき反対意見を抑止する可能性があるためで、誤情報やプロパガンダに対する異議を非表示にすることなどが考えられる。この機能にオンライン悪行を防ぐ効果はないと指摘する人たちもいる。表向きはなくなっても陰で悪事は行われる。最近ある組織は、返信の非表示をうまく利用してドメスティックバイオレンスが表面化しない理由についてのオンラインキャンペーンを行い、問題点をさらに表面化した。
それでも、返信の非表示の利用は増えており、CIAさえも一部のツイートで利用している。

返信を非表示にする新しいTwitter APIは、今日から全デベロッパーに向けてすぐに使える形で提供が開始される。当初はTwitter Developer Labsを通じて公開される。Developer Labsは昨年スタートしたプログラムで、デベロッパーがTwitterの最新APIを一般公開前に使ってフィードバックを返すものだ。Twitter Developer Labsは無料だが、利用するには認証済デベロッパーアカウントを使ってサインアップする必要がある。Twitterはコミュニティーフォーラムでも、新APIを使って同社に協力するデベロッパーを募っている。

Twitterは初期テスターのフィードバックに基づき、すでにいくつかAPIに変更を加えたと言っている。返信の再表示や大量ツイートの制限増加、返信が非表示にされているかどうかを示すリストを取得する機能などだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook