ワークスペース
タブ
ウェブブラウザー

タブを整理するワークスペースを装備したOperaの新しいブラウザー

次の記事

静的WordPressサイトツールのStratticが約7億円を調達

米国時間2月25日に登場したOperaの新しいウェブブラウザーは、大量に開いたタブのカオスからユーザーを救い出すことを目指している。Operaのデスクトップ用ブラウザーの最新リリース(コードネームR2020)には、「ワークスペース」と呼ぶ新機能が導入された。これにより、ユーザーは、さまざまなコンテキストに応じてタブを整理できる。たとえば、仕事用、余暇の活動、個人のプロジェクト、調査活動、旅行の計画などといったワークスペースに分類できる。

最近では、数十ものタブを開いたままブラウザーを使うユーザーも少なくない。さらには、複数のウィンドウに渡って多くのタブを開いた状態にする場合もあるだろう。ウェブ上での検索と調査結果を、それなりに整理しておくためだ。毎日のようにPCで仕事をしている知的労働者にとっても、1つのブラウザーを仕事と趣味のブラウジングの両方に使っている約66%のアメリカ人にとっても、扱いにくいものになっていると、Operaは言う。

Operaの調査によれば、65%のユーザーが、ブラウザーの状態をもうちょっと整理したいと考えていて、60%はタブをグループ化したいと望んでいることがわかった。

残念ながら、メジャーなブラウザーメーカーは、まだこうした問題に効果的な対策を打ち出していない。ユーザーは仕方なく、独自に効率的な使い方を編み出したり、サードパーティ製のブラウザーアドオンなどを使って対処したりしている。

たとえば、ブラウザー拡張機能のOneTabを利用すれば、開いているタブをまとめて閉じて保存し、後でアクセスできるようになる。ただし、このような拡張機能はブラウザー標準のインターフェースではないので、多くのユーザーはそうしたものが存在することすら知らない。また、こうした拡張機能を使用して整理した場合、タブをどこかに保存したこと自体を忘れてしまいがちだ。そのため、保存したタブを元に戻す代わりに、結局同じページを検索し直すことになってしまう。

Operaのシステムは、開いている多くのタブを管理する手段として、ワークスペースのコンセプトを提示している。新バージョンのブラウザーでは、最大5つのワークスペースを作成し、それぞれ名前を付け、アイコンも設定できる。アイコンにはサイドバーの上部からアクセスできる。その時点でアクティブなワークスペースは、青でハイライト表示される。

リンクを右クリックして別のワークスペースで開いたり、ワークスペース間でタブを簡単に移動することも可能だと、Operaは説明している。これにより、単に整理された状態から始められるだけでなく、整理された状態を維持できる。作業中に複数のコンテキスト間を行ったり来たりする傾向のあるユーザーも安心だ。たとえば、オンラインのスプレッドシートに入力したり、仕事のメールに返信する合間に、数分間だけ個人的なメッセージや、SNSをチェックするといったことは、よくあるだろう。

「ブラウザーのタブを発明したのはOperaです。そして今日では、それらをうまく扱うために、ブラウザーのインターフェースとして何らかのサポートが必要であることを理解しています」と、OperaのPC向け製品のプロダクトディレクター、ジョアンナ・チャジカ(Joanna Czajka)氏は、今回の発表に関する声明の中で述べている。「誰もが、自分の環境をきちんとしたいと考えています。特に余計な作業なしに、そうできるのが理想です。ワークスペースを使えば、新しいツールの使用方法を学ぶ必要もなく、使い始めた瞬間から整理できるのです」。

ワークスペースは、このベータ版ブラウザーの主要な新機能には違いないが、他の追加機能により、たとえばCtrl+Tabのキーボードショートカットを使って、開いているタブを簡単に切り替えることができる。これは、macOSでのアプリの切り替え方法に似ている。また、マウスポインターをタブに合わせると、もし重複しているタブが開いていれば、それがハイライト表示されるという親切な機能も加わっている。

Operaはブラウザーの機能を革新してきたという定評がある。そしてここ最近のリリースでは、さまざまな機能の統合にも力を入れてきた。たとえば、暗号通貨ウォレットの組み込みや、VPN機能などだ。また、トラッキングのブロック機能など、プライバシーの保護に役立つツールも取り入れている。さらには、ゲーマー向けのブラウザー、Opera GXも公開した。しかし今回のリリースほど、ブラウザーのユーザーの日常的なニーズにフォーカスしたものは、これまでに見られなかった。

残念ながら最近では、ブラウザーの乗り換えは、それほど簡単ではなくなっている。マイナーなブラウザーや、ベータ版では、多くのユーザーが依存しているさまざまな拡張機能をサポートしていないことが多いからだ。

にもかかわらずOperaは、同社のブラウザーの利用者数は成長していると主張している。同社製PC用ブラウザーの利用者数は、2018年第3四半期から2019年第3四半期にかけて17%増加し、現在では月間ユーザー数で6800万人以上を数えるという。

新しいOperaのブラウザーは、ここから無料でダウンロードできる

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)