Spinは電動スクーターを今春ドイツでローンチへ

次の記事

一度の測定だけで切断作業は不要、ShapeMeasureのスマートツールとロボカッター

電動キックスケーターを展開するFord(フォード)傘下のSpin(スピン)は、初となる米国以外でのローンチの準備を進めている。今年の春にはドイツのケルンを皮切りに、他のドイツの都市でもローンチされる予定だ。

Spinはまた、来月フランスにて電動キックスクーターの認可を申請する予定で、さらに英国でも電動キックスクーターのシェアリング事業の機会を模索する予定だ。

ここ1年ほどで、ドイツはマイクロモビリティのホットスポットになった。2019年12月の時点で、ドイツ国内の37都市では7社のスタートアップが事業を展開している。ケルンでは、SpinはBird、Lime、Circなどと競合することになる。

Spinの現在の車両はSegway(セグウェイ)のシェアエコノミー用キックスクーターに依存しているが、年内には初のカスタム車両を展開する計画だ。

Spinはシェア自転車のスタートアップとしてスタートし、2018年11月に約1億ドル(約110億円)でFordに売却された。これまでにSpinは、800万ドル(8億8000万円)の外部資金を調達している。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter