notifications
Notivize
ローコード

非技術系チームでもアプリの通知を最適化して送れるようにするNotivize

次の記事

Googleと豊田通商が新興都市の交通網をマッピングするWhereIsMyTransportに投資

Notivize(ノーティバイズ)という新しいスタートアップは、製品チームにとって、ユーザーのエンゲージメントを高める上で最も重要なツールを直接操作できる方法を提供している。そのツールとは「通知」だ。

同社は、2019年からその製品を一部の顧客に試してもらい、すでに数十万件の通知を送っているという。そして今週、Heroic Ventures(ヒロイック・ベンチャーズ)主導のシード投資50万ドル(約5400万円)を調達したと発表した。

Notivizeの共同創設者Matt Bornski(マット・ボーンスキー)氏は、Applovin(アプラビン)、Wink(ウィンク)などの数々のスタートアップで働いてきた。彼は「スタックの奥底に埋もれた通知の変更にどれだけ時間がかるか、いくらでも語れる」と話している。

ひとつはっきりさせておくが、ボーンスキー氏が言っているのは、予定されたキャンペーンの一環として送られる簡単なマーケティング用メッセージのことではない。ユーザーが実際に応答するような「最も価値のある」通知は、アプリの使用中に発生すると彼は言う。

たとえば、製品を買ってくれた人にSMSメッセージを送るのは、ごく当たり前のことのように思えるが、ボーンスキー氏によれば、そうした通知を実際に作成しようとすれば、通常はエンジニアに新しいコードを書いてもらわなければならないという。

「その昔ながらやり方は、こうです。製品チームは、製品が売れたときに電子メールを送信する、または売れたときにSMSや通知を送る必要があることを仕様書にまとめます。そこへエンジニアチームが加わり、コードを解析して、製品が売れたことを認識する箇所を見極めます」と彼は言う。「私たちが本当にやりたかったのは、そのためのツールキットを『製品チーム』に提供することであり、実現できたと思っています」

そのためNotivizeを利用すれば、製品チームやマーケティングチームのコーディング技術を持たない人でも、「if-then」の条件文を書くことで通知を送信できるようになる。そしてこれは、通知の効果がが最大限になるよう「A/Bテストと、文章、送信のタイミング、チャンネルの最適化も簡便化します」とボーンスキー氏は言う。

彼は、企業がこうしたツールを自社開発することは滅多にないと言う。なぜなら、同社がこのアプリの開発を始めた当時は「市場を試したり、プロダクトマーケットフィットに取り組むためだけに時間と労力を費やすのは合理的ではない」とされていたからだ。しかし後に「深いところから古い物を破り取る」ことの難しさが知られるようになり、企業は、それならNotivizeがすでに作っているものを利用したほうが早いと思うようなった。

またボーンスキー氏は、これは通知のための「配管」を提供するサービスに置き換わろうとはしてないと強調している。事実、NotivizeはSendGrid(センドグリッド)やTwilio(トゥイリオ)と統合して通知を送ることができる。

「通知を送ること自体は『私たちの事業の』コアバリューではありません」と彼は言う。「私たちは、みなさんがお金を払っているもの、送信するものの質を高めているのです」

Notivaizeでは、利用者は月に100件までのメッセージを無料で送信できる。それ以上は、月額14.99ドル(約1620円)からの料金がかかる。

「製品管理とマケティングスタックにおけるローコードとノーコードの確かな潮流は、これからも市場の速度と製品のイノベーションの解放を推し進めます」と、Heroic Venturesの創設者Michael Fertik(マイケル・ファーティック)氏は声明の中で述べている。「いくつかの開発者用プラットフォームに早期の投資をしてきた経験上、Notivizeは、非常に重要ながら複雑な製品ワークフローの管理能力を非技術系チームから引き出す秘策を解明したと明言できます」

OneSignalは無料の通知ツールで7億5000万円を調達(未訳)

画像クレジット:rambo182 / Getty Images

[原文へ]
(翻訳:金井哲夫)