リーガルテック
メリットパートナーズ法律事務所
AI Samurai
cotobox

AI商標登録サービス「Cotobox」が、AI特許審査シミュや知財契約書テンプレと連携へ

次の記事

Googleのビデオ会議ツールが新型コロナ対応の一環で無料利用可能に

AI商標登録サービス「Cotobox」(コトボックス)を運営するcotoboxは3月4日、AI特許審査シミュレーションシステム「AI Samurai」を開発・販売するAI Samurai、知的財産専門契約書テンプレートを提供するメリットパートナーズ法律事務所との連携を発表した。この提携により、商標や特許、知財契約の情報を一括提供可能になる。

写真に向かって左から、AI Samurai代表取締役の白坂一氏、cotobox代表取締役の五味和泰氏、メリットパートナーズ法律事務所で代表弁護士・弁理士を務める知念芳文氏

経済産業省の調査によると、これまでに商標出願した中小企業は全体の0.8%程度の3万社ほどに留まっている。インターネットとテクノロジー、そして物流網の発達で、考案したアイデアやプロダクトがコピーされる確率が高まっており、知的財産の適切な保護は企業の経済活動を進めるには不可欠になってきているが、中小企業全体ではなかなか保護が進まない状況だ。中小企業にはもちろんスタートアップも含まれる。

cotoboxの商標登録サービス

こうした状況をテクノロジーで解決するための手段として今回の提携が生まれた。具体的には、CotoboxサイトがAI Samuraiと知財契約書テンプレートにシームレスに連携しており、CotoboxユーザーがAI SamuraiのAI特許審査シミュレーションシステムと知財契約書テンプレートを利用できるようになる。

cotoboxは今回の提携で、商標だけではなく、知財領域の情報へのアクセスを容易にして、知財に対する心理的なハードルを取り払い、知財経営を普及させることを目指す。

Category: リーガルテック