空港内小売のOTGが来週からAmazonのレジなし技術を導入

次の記事

株式市場は荒れ模様が続き相場は再度下げる

今週はじめにAmazon(アマゾン)は「Just Walk Out」というレジなし技術を他の小売に販売すると発表した。そして米国時間3月11日、北米の空港で350店超のレストランや小売店を展開するOTGはアマゾンの技術を導入する最初の小売の1つになることを明らかにした。導入初店舗となるCIBOエクスプレス・グルメ・マーケットは3月16日の週にニューアーク・リバティ空港Cターミナルにオープンする。その後、ラガーディア空港でも展開するとOTGは話している。

OTGは100店以上のCIBOエクスプレス・グルメ・マーケットを北米の主要10空港で展開している。調理済みの食品、フレッシュな食品、健康・美容アイテム、ギフト、電化製品などを扱っている。買い物客はクレジットカードをスワイプしてから店内に入ることになる。

そして、買い物客が棚やラックから商品を取ると、AmazonのJust Walk Outシステムがカメラ、棚センサー、コンピュータービジョン、深層学習を使ってその行為を認識する。ピックアップされた商品は自動的に客の「ヴァーチャル・カート」に加わる。もし客が商品を棚に戻したら、カートからも取り除かれる。そして客が店を後にすると、買った商品の代金が自動的にクレジットカードに課金される。

Amazon GoとAmazon Go Groceryでは、このテクノロジーのおかげでスタッフは商品棚の補充や顧客へのあいさつ、質問対応などに専念できる。

しかしCIBOエクスプレス・グルメ・マーケットでは、どちらかというと精算のスピードアップに主眼を置いている。旅行客が飛行機を乗り継ぐためにダッシュするときや、買い物する時間があまりないときなどは、かなり素早い精算が求められる。

OTGのCEOであるRick Blatstein(リック・ブラトステイン)氏によると、同社は店舗での買い物がスムーズなものになる方策を常に模索している。

「AmazonのJust Walk OutテクノロジーをOTGの空港店舗に導入することを大変誇りに思う」とブラトステイン氏は声明文で述べた。「OTGは、客に時間をとらせないよう、空港での体験を最適なものにする手段としてテクノロジーを活用している。世界で最も高度な買い物テクノロジーを我々のCIBOエクスプレス・グルメ・マーケットに導入することで、客が自分の時間をコントロールできるようにする」とブラトステイン氏は話した。

OTGとの取引は、AmazonにとってAmazon Goブランド店舗の利用者ではない買い物客に、同社のテクノロジーがいかにより良い精算体験につながるかを示す好例となるだろう。言い換えれば、OTG店舗への導入は、Amazon店舗以外の小売にJust Walk Outテクノロジーを広く展開するうえで足掛かりとなる。

「ニューアーク・リバティ空港Cターミナルを利用する旅行客は来週から、スナックや水のボトル、飛行機に乗り込む前に買う旅行必需品などをさっと買えるかどうか、レジ待ちの列から推測しなくてもよくなる」と、Amazonで実在店舗とテクノロジーを担当する副社長Dilip Kumar(ディリップ・クマール)氏は声明文で述べた。「Just Walk Outテクノロジーを導入するOTGのCIBOエクスプレス・グルメ・マーケットでは、旅行者は買いたい商品を手にし、列にならんで精算を待つことなく、次の行動に移れる。旅行者がこうした買い物体験を楽しむのが待ちきれない」と話した。

[原文へ]

参考:Amazonがレジなし店舗技術をほかの小売業者に販売開始

(翻訳:Mizoguchi