イオンショッパーズ福岡店
PayPayダッシュ
イオン九州

即時配達サービス「PayPayダッシュ」が福岡・天神で始まる、イオン九州と3月16日から実験開始

次の記事

専門家が有料で1対1のビデオ通話に応じるサービス「Superpeer」

ヤフーとイオン九州は3月12日、即時配達サービス「PayPayダッシュ」の実証実験を3月16日から開始することを明らかにした。対象エリアは福岡・天神エリアのみで、イオンショッパーズ福岡店が取り扱う弁当やパン、飲料、菓子など約150種類の商品を注文から最短30分で受け取れる。なお、配送には自転車を利用する。併せて「PayPayダッシュ」のスマートフォンアプリの提供も始まった。

利用者は「PayPayダッシュ」のアプリ上で配達先を指定して商品を選ぶだけ。注文が完了するとPayPayダッシュの配達員が該当商品を店舗でピックアップし自転車で配送する。PayPayダッシュの支払いは、もちろんPayPayによるキャッシュレス決済。もしくは、PayPayダッシュのアプリに登録したクレジットカードでも支払える。送料は3月31日までは無料だが、4月1日以降は注文状況に応じて変動する。

両社は今回の実証実験で、実店舗から配達先のラストワンマイルの即時配達ニーズを把握するとともに、今後の取扱商品の拡大や、他の地域での展開を検討し、さらなるお買い物体験の向上を目指すという。実証実験の概要は以下のとおり。

  • 実施期間:2020年3月16日から(終了時期未定)
  • 対象エリア:福岡県西鉄福岡(天神)駅付近の一部地域
  • 取扱商品:弁当、おにぎり、パン、カップ麺、飲料、お菓子、調味料など約150種類。
  • 送料:2020年3月16日~3月31日の期間は無料。4月1日以降は注文状況などによって変動。
  • 最低注文金額:700円~2000円(注文状況などによって変動)