アップルはMac Miniのストレージ容量を倍増させてアップデート

次の記事

ホンダが新型コロナ影響で北米の全工場を6日間閉鎖

アップルは米国時間3月18日、Mac Miniに、より現実的な容量のストレージを搭載して発売することを発表した。ベースモデルのMac Miniの場合、従来のSSDストレージ容量は128GBだったが、256GBに拡張された。価格は8万2800円となっている。標準構成の上位モデルは、従来の256GBから512GBに増設され、価格は11万2800円だ。ただし、CPU、GPU、および標準搭載メモリは、それぞれ以前のモデルと同じままとなっている。

今回の変更はわずかなものだが、最も安価なMacとしては、歓迎すべきアップグレードと言える。新たな仕様で、Mac miniのプライスパフォーマンスは向上したものの、同じ価格帯のWindows PCと比較すると、まだまだ見劣りするスペックとなっている。

エントリーモデルのMac Miniは、3.6GHzクアッドコアの第8世代Intel Core i3プロセッサを搭載し、メモリは8GB、グラフィックはIntel UHD Graphics 630を採用する。標準設定の上位モデルは、3.0GHz(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)で6コアの第8世代Intel Core i5を搭載し、メモリは同じ8GBながら、SSDは512GBに増強されている。グラフィック機能も、エントリーモデルと同じだ。

両モデルとも、米国時間3月20日から出荷を開始する予定となっている。アップルは現在、新型コロナウイルスのパンデミックへの対応として、中国本土以外のすべてのApple Store実店舗を閉鎖しているため、同店舗でピックアップすることはできない。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)