Magic Keyboard

新しいiPad Proはマウスとトラックパッドのサポートでノートパソコン化の道へ

次の記事

「起業は甘くない、困難だらけだとわかっている」、それでもウーマンウェルネスD2Cブランドを立ち上げるまで

アップルは、いくつかの新しいハードウェアに関するニュースを、プレスリリースを通してオンラインで発表した。とはいえ、すべてこの現実世界に関するものだ。今後の数週間から数ヶ月の間には、いずれも実際に手にすることができるはず。そのころにはアップルも、オンラインの世界での現実に慣れているかもしれない。MacBook AirMac miniに加えて、クリエイティブなプロ向けのiPad Proも、いくつかの新機能を装備してアップデートされた。

またiPad Pro用のオプションとして、新しいMagic Keyboardも追加された。価格は、11インチモデル用が3万1800円、12.9インチモデル用が3万7800円となっている。これは、iPadを単なるタブレットではなく、極めてポータブル性の高い生産的なデバイスに仕立てようという、アップルの長年の夢を実現するためのものと考えられる。

関連記事:アップルが新しいiPad Proを発表、iPadOSでマウスカーソルが利用可能に

この新機軸を支えるのが、新しいiPad OS 13.4だ。ノートパソコンのようなスタイルのマウスカーソルをサポートしている。新しいiPad Proは、すでにこのバージョンを搭載し、オプションのキーボードケースのトラックパッドで、カーソルが有効となる。まだiPad Proの新モデルに出資する準備ができていないという人のため言えば、この機能は、ここ2、3年の間に発売されたほとんどのiPadがサポートするはずだ。

とはいえiPadOSは、良くも悪くも、macOSではない。現にアップルも、一般的なデスクトップのカーソルとは異なったアプローチを採用したとしている。プレスリリースによれば、以下の通りだ。

Appleは、macOSでの体験をそのまま持ってくるのではなく、トラックパッドの対応はiPadのために一から作り直しました。ユーザーがトラックパッドの上で指を動かすと、ポインタが洗練された形で変形してユーザーインターフェイスの要素をハイライト表示します。トラックパッド上のMulti-Touchジェスチャーは、手を全く持ち上げることなく、システム全体で素早く、簡単に操作することができます。

iOSとiPad OSを分離することになった大きな動機として、この種のアップデートが念頭にあったのは確かだろう。こうしてiPadは、モバイルとデスクトップの間のあいまいな領域で、独自の道を切り開こうと、ますます努力しているのだ。タッチスクリーン付きのMacはまだないが、タブレットをメインのコンピューティングデバイスとして使うことを検討しているユーザーに対して、アップルは確実にその移行を容易なものにしたと言える。

新しいiPad Proは、すでに注文を受け付けている。Magic Keyboardも5月には発売予定だ。iPadOSの新バージョンも、3月24日には利用可能となる予定。このアップデートにより、システムはアップル製のMagic MouseとMagic Trackpadのおのおの最新バージョン、およびサードパーティ製のBluetoothマウスとも互換性を持つようになるはずだ。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)