中国のクラウドインフラ市場は2019年第4四半期に約3560億円を創出

次の記事

新型コロナによるリモートワークブームでSlack絶好調、47日間に7000有料ユーザーを獲得

調査会社Canalysの報告によると、中国のクラウドインフラ市場は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が表れる直前の2019年第4四半期に、66.9%成長し33億ドル(約3560億円)の規模となった。中国は世界第2位のクラウドインフラ市場で世界シェアは10.8%だ。

年換算では132億ドル(約1兆4500億円)の規模となった。Canalysは同じ期間の米国市場が年換算で140億ドル(約1兆5400億円)の規模、世界シェアは47%と推定する。

Alibaba(アリババ)は中国シェアの46%以上を握り、首位を走る。米国の電子商取引大手であるAmazon(アマゾン)と同様、Alibabaもクラウド部門を持つ。AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)が米国市場を支配しているようにAlibabaは中国市場を支配する。

Tencent(テンセント)は2位でシェア18%。米国でのMicrosoft Azureのシェアにほぼ相当する。Baidu AI Cloudは3位の8.8%でGoogleの米国市場におけるシェアに近い。

スライド:Canalys

CanalysのアナリストであるMatthew Ball(マシュー・ボール)氏は、第4四半期の数字は中国での新型コロナ発生による医療危機前のものだと述べた。「第4四半期の成長要因として、2019年を通じてオンデマンドコンピューティングとストレージの需要が増加したことが挙げられる。民間・公共を問わずあらゆる組織がデジタル変革プロジェクトに着手し、新しいサービスを開発するプラットフォームとアプリケーションの構築に取り組んでいるためだ」。

ボール氏は、ゲーム、ヘルスケア、金融、運輸業界にクラウドの大口顧客が多いと言う。また、スマートシティセクターの顔認識システム分野の成長も寄与していると指摘した。

来年に関してボール氏は、2020年第1四半期に新型コロナウイルスの影響が出るものの、この市場は引き続き大きく成長すると見込む。「正常な状態に戻った後に企業がデジタルプロジェクトを継続することに加え、今回のコロナ危機でクラウドサービスを初めて使った企業の多くが有料の顧客になると予想している」と同氏は述べた。クラウド企業は、今回の新型コロナ危機で企業に多くの無料オプションを提供してきた。

「今、世界中で起こっている事がきっかけとなり、企業は事業継続性の指標を検討し、同じことが起きても事業が継続できる体制を整えようとするはずだ」と同氏は語った。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi