Netflixが新型コロナによる通信量増加で欧州でのストリーミング画質を30日間抑制へ

次の記事

サンフランシスコ・ベイエリアの新型コロナ検査能力が1日当り1000名に拡大

TechCrunchは19日、EU委員のThierry Breton(ティエリー・ブルトン)氏がNetflix(ネットフリックス)に欧州でのストリーミングの画質の抑制を求めたとの情報を入手した。全体の通信使用量を抑えるためだ。新型コロナウイルスの感染拡大で多くの人が自宅でのエンターテイメントとしてストリーミングサービスを使用している。

Netflixはこの求めに応じることを明らかにした。最初にBusiness Insiderに送り、TechCrunchにも共有した声明の中でNetflixの広報担当は以下のように述べている。

EU委員のティエリー・ブルトン氏やReed Hastings(リード・ハスティングス)氏との協議を受け、またコロナウイルスによる非常に困難な状況を考慮し、Netflixは欧州でのストリーミングのビットレートを30日間下げることを決めた。顧客に高品質のサービスを保証しながら欧州でのNetflix通信量を25%ほど減らすことになると予測している。

Netflixの通信量は、世界のデータ使用においてかなりの割合を占めてきた。2019年末のレポートでは、Netflixのストリーミングはインターネット通信全体の13%を占めた。Netflixは同社の通信への影響を最小限にするプログラムを展開している。1つの例として、コンテンツを物理的にエンドユーザーの近くにもってくることを目的に2012年に立ち上げたコンテンツデリバリーネットワークOpen Connectがある。

画像クレジット: Chesnot / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi