米カリフォルニア州知事が州全域に外出禁止命令、新型コロナの感染拡大防止のため

次の記事

クラウド上の余剰容量を活用する、分散ストレージサービス運営のStorjがエンタープライズに進出

米国時間3月19日夜の記者会見で、カリフォルニア州知事であるGavin Newsom(ギャビン・ニューサム)氏は、「カリフォルニア州に住むすべての個人は自宅、または居住場所に留まること」という命令を発行した。新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるためだ。

画像クレジット:Photo by Justin Sullivan/Getty Images/Getty Images

今週初め、London Breed(ロンドン・ブリード)市長は、4月7日まで、サンフランシスコ市を含むベイエリアの6つの郡に屋内退避(外出禁止)を命令していた。ニューサム氏は、新たに通達するまで、全州にその指示を強制するとした。

州内でも必要不可欠な商店やサービスは営業を継続する。例えばガソリンスタンド、薬局、食料品店、フードバンク、農産物直売所、テイクアウトと配達サービスを提供するレストランなどはそこに含まれている。一般の飲食店、ナイトクラブ、ジム、フィットネススタジオ、コンベンションセンター、エンターテインメント会場などは、無期限で閉鎖の対象となる。

レストランを閉鎖し、人々を家の中に留めるこの決定は、カリフォルニア州民の約56%が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染する恐れがあるというニューサム氏の主張に続いて言い渡された。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)