109シネマズ
東急レクリエーション

xRテックのバルスが東急レクリエーションと事業提携、109シネマズなどでのVRライブ開催、ARコンテンツ提供を拡充へ

次の記事

SaaSやサブスク事業者の業務効率化と収益最大化をサポートするアルプが3.15億円調達

xR関連のイベントの企画・運営などを手掛けるバルスは3月23日、東急レクリエーションとの事業提携を発表した。ライブビューイング網の共同開発や、XRライブの共同企画・運営などを両社で進めていく。

具体的には、東急レクリエーションが首都圏を中心に全国19カ所で展開しているシネマコンプレックスチェーン「109シネマズ」でのバーチャルアーティストのライブ興業を促進する。また、バルスがライブイベントなどに利用している自社開発の遠隔ライブシステム「SPWN」をベースとして、109シネマズなどの映画館や劇場でライブネットワークを拡大していくとのこと。

ライブ以外では、バルスが持つxR技術を使ったエンターテインメントコンテンツの共同開発などを進める。バルスでは、大規模商業施設でバーチャルアーティストを起用したAR謎解きゲームなどを手掛けた実績があり、今後は東急レクリエーションが所有する施設でこういったコンテンツを楽しめるようになるだろう。

関連記事
xRスタートアップのバルスがVTuberとARを組み合わせた謎解きイベントをラゾーナ川崎で開催中、好評につき期間延長へ
xRテックのバルスが東京・銀座にバーチャルスナックをオープン