Health tech
Mesa Biotech

わずか30分で結果が出る新型コロナ用の迅速PCR検査方法をFDAが緊急承認

次の記事

アップルが各OSをアップデート、iPadOS 13.4はマウス/トラックパッドをサポート

米国食品医薬品局(FDA)は、緊急使用許可(EUA)の権限を利用して、米国内で利用可能な新型コロナウイルス(COVID-19)の検査資源を拡大している。そして、ついにわずか30分で結果が得られる迅速な検査方法を追加することになる。Mesa Biotechの検査は、診療所や病院を含む医療の最前線で使用できるほど小型で、かつ複数の検査を並行して実行できる。

Mesaの迅速検査は、米国時間3月23日の月曜日に承認されたCepheidに続くものだ。どちらもPCRベースの分子検査で、患者の粘液サンプル中のウイルスDNAの存在を識別する。これらのテストは、実験室レベルの結果が提供でき、より迅速でサンプルを収集し現場から離れた検査施設へと輸送せずに実施できるので、新型コロナウイルスの感染と戦うための重要な技術資源の分散を防ぐことができる。

現場での検査は、利便性と迅速な結果が得られるという点でメリットがあるだけでなく、医療従事者がウイルスにさらされる可能性を制限するという利点もある。現場でテストすることは、物流や配送に関わる人だけでなく、ラボの技術者や専用の診断担当者を含むより多くの人々が、ウイルス感染の可能性を心配しなくていいいことを意味する。

これらの検査には、施設がMesaのAccula検査システムを導入している必要がある。しかしこの装置はインフルエンザの検査だけでなく、それほど深刻ではない他の検査にもすでに使用されており、以前のSARSを含む世界的なパンデミックと戦う最前線での使用に対処するために、特別に設計されたものだった。

新型コロナウイルス 関連アップデート

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹Twitter