アップルが1000万枚のマスクを医療従事者に寄付

次の記事

米国食品医薬品局が新型コロナから回復した患者の血液を使った重篤患者の治療を許可

Apple(アップル)の最高経営責任者(CEO)であるTim Cook(ティム・クック)氏は、自宅勤務中にTwitterに投稿したメッセージの中で、同社が1000万枚のマスクを寄付すると発表した。この数字は、先週発表された200万枚を大幅に上回るもので、さらに米国時間3月24日の昨夜に、ホワイトハウス記者会見でMike Pence(マイク・ペンス)副大統領が発表した900万枚という数字も大幅に上回っている。

「アップルはすでに1000万枚のマスクを調達し、アメリカの医療業界に寄贈している」と、Cook氏は動画の中で述べている。「最前線で働いている人々のすべての仕事に対して、我々は感謝を表明する」。

新型コロナウイルスがアメリカの人々に大きな影響を与える中、アップルは他のテック企業とともに、同国内で不足しているマスクを寄付している。寄付されたマスクの多くは、昨年のカリフォルニア州での大規模な山火事の後に、同州の労働安全衛生基準を満たすために備蓄されていたものだ。

なお、Ford(フォード)など他の企業も、生産設備を改造してマスクを追加生産している。

新型コロナウイルス 関連アップデート

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter