eventos
ベネッセホールディングス
bravesoft

イベント一元管理プラットフォーム運営のbravesoftが約4億円調達、キャッシュレスや整理券など機能拡充を進める

次の記事

スマートニュースのローカルニュース機能が米国6000以上の都市で利用可能に

bravesoft(ブレイブソフト)は3月26日、第三者割当増資とデットファイナンス(借入)によって総額約4億円の資金調達を発表した。第三者割当増資の引受先は、ベネッセホールディングス、ディップなどを含む複数の事業会社。

同社は、初期費用30万円、月額10万円でイベントの申込管理やライブ配信、公式アプリ構築などを一元管理できるプラットフォーム「eventos」(イベントス)を開発・展開。そのほかにも「ボケて」や「TVer」「首相官邸」「31 アイスクリーム」など800件以上のアプリの開発実績がある。

eventosは、チケット・来場申込、情報収集、マッチングなどイベント前に使える機能のほか、スケジュール、ガイドマップ、待ち時間といった、イベント当日のストレスを軽減する機能、スタンプラリー、リアルタイムアンケートなど、イベントを盛り上げる機能、イベント後のアンケート、分析など、次回のイベントをより良くするための機能を備えているのが特徴だ。もちろん、ライブ配信によるオンラインイベントを開催することも可能となっている。東京ゲームショウや東京モーターショーなどでの運用実績があり、これまで100件以上のイベントで、累計100万人以上が利用したという。

同社今回の調達した資金を、無料版、キャッシュレス対応、整理券、高度な分析、グローバル対応など、ユーザーにニーズが高い機能の開発を進めるという。