アップルが新型コロナウイルスのスクリーニングサイトを開設

次の記事

米国環境保護庁は新型コロナの流行を受けて環境法の適用を緩和

米国時間3月27日、Apple(アップル)は独自の新型コロナウイルス(COVID-19)検診スクリーニングサイト(apple.com/covid19)とそのiOSアプリを、ホワイトハウスとCDCおよびFEMAとともに立ち上げた。

かなりシンプルなサイトで、ベストプラクティスや安全のためのヒントなどと並んで、自分や家族が新型コロナウイルスの検査を受けるべきかを判断するための基本的なスクリーニングツールがある。サイトはモバイルとデスクトップの両方でアクセスでき、社会的距離の確保(Social Distancing)や自己隔離、手洗い、表面消毒、症状の監視などに関する基本情報もある。

アプリにもサイトと同じ情報を確認できるが、現時点では米国のみで提供されている。ウェブサイトは全世界で見ることができる。

サイトはユーザーの症状に応じて「医者や病院への連絡する」「新型コロナウイルス専門の緊急サービスを受診する」「検査の必要はない」などと助言してくれる。このウェブサイトから直接、検査機関にアクセスすることはできない。

アップルはプライバシー注記で、このサイトやアプリでどのようなデータを集めているかを述べている。それによると「アップルはスクリーニングツールから得た答えを収集していない。サイトを改善していくために、アップルはあなたの使い方に関する一部の情報を集めている。集められた情報が個人を特定することはない」という。

大手テクノロジー企業の多くが、新型コロナウイルスに関する基本的な情報を提供している。先週はGoogleのVerilyが、新型コロナウイルスのスクリーニングサイトであるProject Baselineの限定バージョンをローンチした。アップルのサイトとは異なりログインしなくていいが、検査のスケジューリングなどが直接できない点は同じだ。

関連記事: Alphabet傘下のVerilyがカリフォルニアで新型コロナスクリーニングサイトのパイロット開始

新型コロナウイルス 関連アップデート

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa