北米国際自動車ショー

6月開催のデトロイト・オートショーはキャンセル、米連邦緊急事態管理局が会場を病院に転用

次の記事

新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

NAIAS(北米国際自動車ショー)は、6月にデトロイトで開催が予定されていたが新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが拡大を続けるなか、市が会場のTCFセンターを一時的に病院に転用する準備のため、キャンセルされた。

画像クレジット:Photo by Bill Pugliano/Getty Images/Getty Images

NAIASは、以前はCoboセンターとして知られていたTCFセンターで毎年開催される。主催者によると、FEMA(米連邦緊急事態管理局)がTCFセンターを臨時の病院施設として指定することになったという。

「私たちは失望していますが、私たちにとってデトロイトとミシガンの市民の健康、安全、幸福よりも重要なことは何もありません。新型コロナウイルスの流行に対するコミュニティの戦いを支援するためなら、私たちにできることは何でもします」と、NAIASのエグゼクティブ・ディレクターを務めるRod Alberts(ロッド・アルバーツ)氏は、電子メールによる声明で述べている。

新型コロナウイルスによって引き起こされる疫病が中国からヨーロッパ、そしてついに米国およびその他の国々に広がっため、多くのイベントやコンベンションがキャンセルになっている。NAIASキャンセルのニュースは、その最新のものだ。

米国内の100件を超えるコンベンションセンターや施設を、臨時の病院として機能させることが可能だと見込まれている。アルバーツ氏によれば、TCFセンターは介護施設として転用されることが避けられない状況であることが明らかになったという。

NAIASはデトロイト・オートショーとしても知られている。次回は、2021年の6月に開催される予定だ。主催者は、今年の後半にも、募金活動を行う計画について話し合っている。同ショーの2020年チャリティー・プレビューイベントの受益者になるはずだった子供たちの慈善事業に寄付するためだ。

今年のショーの開催は、これまでの1月から夏に移動されていた。長年に渡り、より温かい時期に開催することが切望されていただけに、大きな期待を集めていた。

主催者によると、2020 NAIASショーのために購入されたすべてのチケットは、全額返金されるという。それには、パブリック・ショー、インダストリー・プレビュー、チャリティー・プレビューの各チケットが含まれる。チャリティー・プレビューのチケット所有者には、払い戻しの際のオプションが設定されている。それは、返金された金額を、チャリティー・プレビューの受益者として指定されていた9つの団体1つに寄付することを選択できるというもの。主催者によると、NAIASのチケットオフィスは、すべてのチケット所有者と連絡を取る予定だという。

新型コロナウイルス 関連アップデート
[原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)