今夏日本進出のb8taがスタートアップ・D2C支援プログラムを発表

次の記事

起業家と投資家の合同経営合宿「Incubate Camp 13th」が10月2日、3日に開催決定

米国で、ガジェットやテックプロダクトなどを試したり購入したりできる体験型小売店を展開するb8ta。今年1月、サンフランシスコ拠点のVC、Evolution Venturesと合弁で日本法人b8ta Japanを設立し、アジア初となる2店舗を東京・新宿と有楽町へ今夏、同時出店することを明らかにしていた。

そのb8ta Japanが4月1日、スタートアップ企業やD2Cブランドを支援する「b8ta スタートアップ・D2C サポートプログラム」提供を発表した。通常日本のb8ta店舗へ出品する際には月額30万円前後の費用がかかるが、同プログラムの採択企業に対してはb8ta Japanが1社当たり上限22万円、最大2カ月間補助する。本日より、応募フォームで受付を開始する。

b8taは2015年に創業。その特徴は、オンライン小売で商品を閲覧するような気軽さで、新しいコンセプトを持つプロダクトを実店舗で触ってみたり、使ってみたりすることができる点だ。メーカーの側は、テナント料や従業員の賃金などの固定費を抑えながら、顧客にプロダクトを見せる場を提供できるだけでなく、どのようにプロダクトを体験したのか、分析レポートを得ることもできる。

b8taはパロアルトで最初の店舗をオープンして以来、Retail as a Service(RaaS)スタートアップとして、1000点以上のブランド、プロダクトを紹介してきた。現在は新型コロナウイルスの感染拡大により、残念ながら米国の店舗はクローズしているが、ドバイの1店舗を含めた25店舗を世界で展開する。

今夏に日本でオープンするのは、有楽町電気ビル1階に店舗を構えるb8ta Tokyo – Yurakuchoと、新宿マルイ本館1階に出店するb8ta Tokyo – Shinjuku Maruiの2店舗だ。

b8ta Tokyo – Yurakucho 外観イメージ

b8ta Tokyo – Shinjuku Marui 内装イメージ

サポートプログラムでは、応募企業の中から選考の上、上述した出店料補助のほか、2店舗で今夏、今のところ8月8日に開かれる予定の店内イベントに、b8taと共同開催で出展できる。

応募期間は4月14日の23時59分まで。ガジェットや家電だけでなく、ファッション、コスメ、飲料・食料や、アプリ、サブスクリプションサービスなど、さまざまな商品・サービスで応募できる。ただし4月30日時点で日本国内での販売が可能な製品・サービス、または体験可能なプロトタイプが存在していることが条件だ。

b8ta Japanは、新型コロナ感染拡大による経済活動への影響が懸念される中で「可能な限り多くのスタートアップ企業やオンライン中心で事業を展開するD2Cブランドのリアル店舗出店をサポートし、当座の売上支援を行いたい」と同プログラムの提供について説明している。

また、b8ta Japanカントリーマネージャーの北川卓司氏も、以下の通りコメントしている。

「小売業をはじめとした多くのサービス業が昨今の事態で大きな影響を受ける中、体験をメーンにおくb8taもアメリカやドバイの店舗で打撃を受けています。自社を含め多くのスタートアップやD2Cが難しい局面にある中、1社でも多くのスタートアップやD2Cブランドをサポートすることで、新しいテクノロジーや、今まで触れたことの無い面白い商品やサービスとの出会いを創出し、少しでも日本を元気にすることが出来ればと願っています」(北川氏)

関連記事
TechCrunch Tokyo 2019講演:「体験型小売店+ソフトウェア」RaaSスタートアップb8taの戦略