セイコーエプソン
ヤマトホールディングス
グローバル・ブレイン

グローバル・ブレインがヤマトHDやエプソンとCVCを設立、物流やインクジェット技術の革新に期待

次の記事

米国食品医薬品局が新プログラム導入で新型コロナ治療法の開発を加速

独立系ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインは、3月31日にヤマト運輸を参加に持つヤマトホールディングス、4月1日にセイコーエプソンと、CVC(コーポレート・ベンチャーキャピタル)をそれぞれ設立することを発表した。

写真に向かって左から、グローバル・ブレインCEOの百合本 安彦氏、ヤマトホールディングス代表取締役社長の長尾 裕氏

ヤマトホールディングスとは、運用期間10年間、総額50億円規模のKURONEKO Innovation Fund(YMT-GB 投資事業有限責任組合)を設立。物流やサプライチェーンに変革を起こしうる技術・ビジネスモデルを有する、シード、アーリー、ミドルの各ステージのスタートアップを投資対象とし、ヤマトホールディングスとグループ各社が擁する経営資源のオープン化を通じて、物流・関連市場における成⻑モデルの創出を目指す。なお、日本国内のスタートアップ企業を中心に投資を進めていく予定だが、北米や欧州、アジアでの投資も視野に入れているとのこと。GP(無限責任組合員)はグローバル・ブレインが務める。

セイコーエプソンとは、セイコーエプソンが新たに設立したエプソンクロスインベストメントという子会社とEP-GB投資事業有限責任組合を設立。運用総額は50億円を予定しており、GP(無限責任組合員)はグローバル・ブレインが務める。同CVCは、インクジェット技術を中心としたコアデバイスなどの社内資源を擁するエプソングループがグローバル・ブレインと組んで、財務的なリターンの獲得のほか、グループとの協業やオープンイノベーションを加速させるのが狙い。既存事業の成⻑と新規事業の創出に取り組んでいくという。なお、エプソンクロスインベストメントの代表取締役には、4月1日にセイコーエプソン代表取締役社長兼CEOに就任した小川恭範氏が兼務する。
【2020.04.01 19:05修正】KURONEKO Innovation FundのGPについて間違いがありました。正しくは、グローバル・ブレインです。お詫びして訂正いたします。