VC / エンジェル
Incubate Camp 13th

起業家と投資家の合同経営合宿「Incubate Camp 13th」が10月2日、3日に開催決定

次の記事

スタートアップのグループが新型コロナと戦う医療従事者にフラットパックの防護ボックスを提供

シード、アーリーステージのスタートアップを中心に投資を進めているベンチャーキャピタルのインキュベイトファンドは4月1日、起業家と投資家の合同経営合宿「Incubate Camp 13th」を10月2日、3日に開催することを発表した。スケジュールは以下のとおり。

  • エントリー受け付け開始:4月1日(書類選考通過者には順次連絡)
  • 説明会:4月18日、4月25日
  • エントリー締め切り:8月31日
  • 面接期間:7月1日~8月9日(出場が決定した企業に順次連絡)
  • 合同経営合宿:10月2日、3日

今年は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で各地自体から外出自粛要請などが出されている現状を踏まえ、選考プロセスをオンラインで完結させるのが特徴だ。なお、エントリー後は希望者に対して全員と面談を実施する。面談では、資金調達や事業計画、ピッチの相談などが可能だ。面談希望者は、エントリーフォーム内の質問項目でメンタリングを「希望する」を選べばいい。

また、エントリーしたスタートアップで早期の資金調達が必要な場合は、インキュベイトファンドがパートナーファンドのGPとともに月1回開催している即断即決ピッチイベント「Circuit Meeting」への参加推薦や、連携しているVCやアクセラレーターを紹介などが受けられる。

Incubate Campでは、エントリーした企業の中から選考を通過した16名の経営者をキャンプ(1泊2日の合宿プログラム)の参加者として招待。キャンプでは、ベンチャーキャピタリスト16名とディスカッションを重ねて事業プランをブラッシュアップする。さらに、エントリー後やキャンプ参加後の資金調達機会に加えて、構築した関係性の中で事業の支援を継続的に行っていく。

株式上場やM&Aなどでイグジットを果たした企業

Incubate Campは、過去12回の開催で累計の参加者は約220名。その中で、20社の企業が株式上場や企業による買収などでイグジットを実現しており、累計調達額は約270億円超となっている。

10月2日、3日に参加するゲストキャピタリストや審査員は順次公表予定とのこと。なお。過去の参加ゲストキャピタリストは以下のとおり(五十音順)。

  • アーキタイプ:中嶋 淳氏
  • iSGSインベストメントワークス:五嶋一人氏
  • ANRI:佐俣アンリ氏、河野純一郎氏
  • East Ventures:松山太河氏
  • インキュベイトファンド:赤浦 徹氏、本間真彦氏、和田圭祐、村田祐介氏
  • インスプラウト:三根一仁氏
  • インフィニティベンチャーズ:小野裕史氏
  • WiL:伊佐山 元氏、松本真尚氏
  • グローバル・ブレイン:立岡恵介氏
  • グロービス・キャピタル・パートナーズ:今野 穣氏、高宮慎一氏
  • XTech Venures:西條晋一氏
  • Coral Capital:James Riney氏
  • サイバーエージェント・キャピタル:近藤裕文氏
  • サムライインキュベート:榊原健太郎氏
  • GMO Venture Partners:村松 竜氏
  • C Channel:森川 亮氏
  • ジェネシア・ベンチャーズ:田島聡一氏
  • STRIVE:堤 達生氏
  • スマートニュース:鈴木 健氏
  • セプテーニ・ホールディングス:佐藤光紀氏
  • W Ventures:新 和博氏
  • DeNA:原田明典氏
  • DNX Ventures:倉林 陽氏
  • ニッセイ・キャピタル:永井研行氏
  • B Dash Ventures:渡辺洋行氏、西田隆一氏
  • ベンチャーユナイテッド:丸山 聡氏
  • メルカリ:小泉文明氏
  • ヤフー/YJキャピタル:小澤隆生氏、堀 新一郎氏
  • ユナイテッド:金子陽三氏