at&t
Affirmed Networks

マイクロソフトがEdge Zones for Azureを発表

次の記事

Cue Healthが現場で使用する携帯型新型コロナ検査器の開発で米政府と契約

Microsoft(マイクロソフト)は米国時間3月31日、Azure Edge Zonesのローンチを発表した。Azure Edge Zonesは、Azureユーザーがアプリケーションを同社のエッジロケーションに持ってくることができるというサービスで、主な狙いはリアルタイムで低レイテンシーの5Gアプリケーションを可能にすることにある。同社はまた、AT&Tをはじめとするキャリア向けのEdge Zonesをプレビューで発表した。また、プライベートな5G/LTEネットワークをAzure Stack Edgeと組み合わせて展開している顧客向けに、Private Edge Zonesも提供される。

最初のパートナーとなるキャリアはAT&Tだが、今後はRogers、SK Telecom、Telstra、Vodafoneなども加わる。そして2020年夏の終わりにはスタンドアローンのAzure Edge ZonesをLA、マイアミ、ニューヨークでスタートして、2021年以降10都市以上で立ち上げる。

発表声明では次のように述べられている。「これまでの数十年間はキャリアと通信事業者は、私たちがお互いに接続する方法を開拓し、電話や携帯電話の基盤を築いてきた。しかしクラウドと5Gの登場によって、コンピュートとAIのようなクラウドサービスを高帯域幅と超低レイテンシーと組み合わせることで新たな可能性が生まれてきた。マイクロソフトは企業やデベロッパーが構築する没入型アプリケーションに5Gをもたらすために活性化する彼らをパートナーしている」。

聞いたことがあるように感じられるは、数週間前にGoogleがAnthos for TelecomとGlobal Mobile Edge Cloudをローンチしたときにも述べられた構想だからだ。マイクロソフトは、パートナーのエコシステムと地理的な利用可能性において自分たちの方がより包括的だと主張している。しかしいずれにしても5Gはすべての大手クラウドプロバイダーにとってトレンドだ。マイクロソフトが5Gクラウドの専門企業Affirmed Networksを買収したのも、その市場参入努力の一環となる。

各種バージョンの詳細についていうなら、Edge ZoneはもっぱらIoTとAIのワークロードに焦点を当てているが、マイクロソフトによればその中においてEdge Zones with Carriersは低レイテンシーのオンラインゲームやリモートミーティング、イベントそしてスマートインフラに重きを置いているという。キャリアのプライベートネットワークとAzure Stack Edgeを組み合わせたPrivate Edge Zonesは、少数の巨大企業だけが検討する高価格で複雑なシステムだろう。

関連記事: Google Cloud goes after the telco business with Anthos for Telecom and its Global Mobile Edge Cloud…Google Cloudが通信事業者にもクラウドサービスを売り込む(未訳)
マイクロソフトが5Gの専門企業Affirmed Networksを買収

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa