Scaleway
Kubernetes Kapsule

ScalewayがマネージドKubernetesクラスターをローンチ

次の記事

iPhoneやiPadのPrime Videoアプリ内からコンテンツの購入とレンタルが可能に

クラウドホスティング企業のScalewayが立ち上げたKubernetes Kapsuleは、ユーザーがScalewayのインフラ上でKubernetesのクラスターを管理するためのサービスだ。このサービスはScalewayの複数のインスタンスで利用でき、需要に応じてスケールする大きなクラスターを作ることもできる。

Kubernetesは、コンテナとそれらを支えるインフラストラクチャを管理するオープンソースのプラットホームだ。コンテナを利用するアプリケーションを作るときは、アプリケーションを複数のアプリケーションやサービスに分割し、それらを個々にデプロイしアップグレードできる。その際、メインのオペレーティングシステムと対話することはない。

そしてKubernetesを使うと、サーバーのノードやコンテナを増やしてインフラストラクチャをスケールできる。そうするとピークに対応した十分な量のリソースを常時確保できる。スケールダウンしてお金を節約することもできる。

ScalewayのマネージドKubernetesサービスは無料なので、使用するノード(サーバー)に対してのみ料金を払えばよい。Scalewayはユーザーのノードの稼働状態を15分ごとにチェックし、必要に応じてクラスターをスケールする。ユーザーには自分のクラスターをモニターするWeb上のダッシュボードが提供される。

同社によると、コントロールプレーンには多少冗長性があるので、ユーザーのコントロールプレーンがエラーになっても利用できる(99.95%のSLAだ)。一度に500のノードをサポートする。

KapsuleはScalewayのクラウドインスタンスとGPUインスタンス、ブロックストレージ、およびロードバランサーをサポートする。同社はまた、ユーザーのコンテナを保存するためのコンテナレジストリを提供している。クラスターの作り方を図解すると、下図のようになる:

KapsuleはCloud Native Computing Foundation(CNCF)のスタンダードに準拠しているので、既存のCNCFクラスターをScalewayに移行できるし、マルチクラウドのインフラストラクチャを作ることもできる。

マネージドKubernetesサービスによってScalewayは、エンタープライズや大企業の顧客を増やせるだろう。冗長性のために余分のクラウドホスティングプロバイダーを確保しておきたい、というニーズにはぴったりだ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa