DeepComposer

AWSの機械学習勉強用キーボード「DeepComposer」が1万円程度で買える

次の記事

Amazonが来週から倉庫従業員の体温をチェックしマスクも配布へ

米国時間4月2日、AWSは同社のDeepComposerキーボードを単独で販売すると発表した。ただしDeepComposerは、ハッカー用のメカニカルキーボードではなく、AIを使ってユーザーの入力から曲を作るAWSのサービスであるDeepComposerで使う小さなMIDIキーボードだ。

2019年のAWS re:Inventで発表されたこのキーボードは、やや混乱を招いた。まず、Amazonの発表が一般向け製品のようだった。DeepComposerのサービスそのものは、ハードウェアのキーボードがなくても利用できる学習ツールで、キーボードのDeepComposerはその点で、同じくAWSのDeepLensDeepRacerのようなハードウェアに位置づけが似ている。それはデベロッパーに敵対的生成ネットワークについて教えることが目的で、同じくDeepLensとDeepRacerも機械学習の特定の技術にフォーカスしている。

ユーザーがハードウェアまたは画面上のキーボードを使って短いメロディーを弾くとDeepComposerサービスが、ユーザーが指定した曲調に基づいて自動的に伴奏を作り出す。昨年re:Inventで聴いたかぎりでは、出来栄えは好悪まちまちだったが、現在はもっと良くなっているかもしれない。しかし、これはトップ40に入るような曲を作るためのツールではなくて、あくまでも学習ツールだ。学習はこのキーボードがなくてもできると思うが、使ってみたい人は今やAmazonで買える

関連記事: なぜAWSはMIDIキーボードを売って機械学習を教えようとするのか

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

【2020.04.03 11:30修正】初出時タイトルの一部に間違いがありました。お詫びして訂正いたします。