StockX

コレクターズアイテムのマケプレ「StockX」は米国のロックダウンでもビジネスは絶好調

次の記事

Googleとカリフォルニア大学SF校が薬の処方の危険な間違いを見つける機械学習ツールを共同開発

スニーカーやストリートウェア、ハンドバッグ、その他のコレクターズアイテムの買い手と売り手をつなぐStockX(ストックエックス)は、飛ぶ鳥を落とす勢いで売上を伸ばしている再販マーケットプレイスだ。1000億ドル(約11兆円)規模と言われている世界のスニーカー市場において、スニーカーの再販市場は60億ドル(約6400億円)規模に達している。去年、企業価値10億ドル(約1080億円)と評価された同社は、昨年だけでプラットフォームを通じて10億ドル相当の商品が販売されたと述べている。

問題は、今後StockXがこの勢いを維持できるか否かだ。投資家から約1億6000万ドル(約170億円)を調達したデトロイトを拠点とするこの5年目企業が直面しているのは、複数のライバル社の存在だけでなく、ストリートウェア産業の「バブル」が破裂の危機に瀕しているという意見だ。何百万人もの人々を失業に追いやったパンデミックを考慮に加えると(プラス、仕事を失っていない人々の健康被害も考えると)、答えはNOだと思うだろう。

しかし、今週初めにStrictlyVCが主催し、ニューヨークタイムズのErin Griffith(エリン・グリフィス)氏が運営したオンラインイベントで、StockXのCEOであるScott Cutler(スコット・カトラー)氏は真逆の事実を主張した。同社のビジネスは絶好調だと言うのだ。

意外でもないが、現時点においてStockXは従来の大衆市場よりも息が長そうだとさえ主張している。彼はキャリアの早い段階でニューヨーク証券取引所の役員として9年間過ごしているため、大衆市場にも精通しているわけだ。

インタビューのハイライトを以下に紹介する。

市場を牽引しているのは誰か、またそれが少数のパワーユーザーなのかを尋ねたグリフィス氏の質問からインタビューが開始した。

弊社の顧客の75%は35歳未満で、現在幅広い購買層から成り立っている。約2年ほど前に、スニーカーを収集したり、購入して売ったりする人々を指す「スニーカーヘッズ」という言葉が普及した。統計の中でもたとえばミレニアル世代とZ世代を見てみると、40%の男女が自身をスニーカーヘッズと自称していて、この人口統計は世界中に広がっている。現在170以上の国と地域に弊社の顧客がいる。

カトラー氏によると、StockXは非常に有利なポジショニングにいると言う。AmazonやGoogleの検索で見つけられる、競争率の高い多くの商品とは異なり、StockX自体はほとんどの顧客にとって「最初の」ショッピングサイトなのだ。

ブランド各社でさえもStockXで売られている製品を供給することができないため、顧客は公式ブランドショップではなく、初めから弊社のサイトに立ち寄る。つまり、弊社はカスタマージャーニーの最初の時点で顧客が求めているものを提供できる。これはeコマースでは非常に有利であり、珍しいことだ。

新型コロナウイルスがStockXの収益にどのような影響を与えたかというグリフィス氏の質問に対し、カトラー氏は「当社のビジネスと成長にとっては素晴らしい影響だ」と答えた。

過去数カ月にわたる最近の事情は、弊社ビジネスにとって有益と言える。一部の地域では従来のリテールが機能していないため、弊社サイトへのトラフィックと購入者が増加している。弊社はこれまでも常に、希少価値の高い存在だと自負していたが、実際に物理的にリテールショップに行けない今となっては、ますます顧客はStockXを訪れてくれるようになった。そういった意味では、弊社のビジネスと成長には素晴らしい影響と言える。

StockXでは、販売者は本物であることの認証を受けるために商品をStockXの倉庫に送り、そこから購入者に商品を発送するので、ビジネスの成長を保つには同社の倉庫には従業員の配置が必要だ。ただし「大きな影響を受けているニュージャージーのような地域でさえ、従業員は倉庫に出勤している」とカトラー氏は言う。世界中で大規模なビジネスを運営し続けながら、チームメンバーが「安全」と感じられるようにすることを試みる「バランスのとれた」行為だと述べている。

実際にどのようにして従業員の安全を確保しているかと言うと「弊社の事業が行われている各地域それぞれのルールや規制に従って運営している」とのこと。さらに同社は「スポットボーナス」を支払い、現在も認証センターに通勤している従業員に対しては給与を25%増加したと言う。

倉庫閉鎖の要請が出た場合や、従業員に感染者がではじめた際にどうするのか、同社のバックアッププランをグリフィス氏が尋ねた。ここでカトラー氏は同社が保有する複数の認証センターについて言及した。

ある認証センターから別の認証センターに送る必要がある場合は、そうする予定だ。これまでも同様に運営してきた。

また、同社の現在の事業継続計画については、

サイトの安全性とセキュリティ、および発生するすべてのインシデントを確認し、ルーティンロジックについて毎日チームとして意思決定を行っており、誠実に対応している。

誰もが緊縮経営に焦点を当てている中、StockXのベンチャー投資家と同社はどのような会話をしているのかという質問をグリフィス氏が投げかけた(StockXは、DST Global、General Atlantic、GGV Capital Battery Ventures、GVなどからの投資を受けている)。

カトラー氏は、「現状況が今後どの程度続くか分からないという点では、我々の多くにとっても不確実である」と認めた上で、同社は将来を見据えて「需要のマクロシフトのさまざまなシナリオ」を考慮に入れ、「サプライチェーンにおけるマクロシフト」を見る限り楽観視して良いのではと述べている。例として、この冬に多くのサプライチェーンの工場がダウンした中国でも、今では以前の生産能力の80〜90%に戻っていると指摘した。

(グリフィス氏がプラットフォーム上の高価なスニーカーは数千ドルで販売されていると言及したため)今後景気後退が続いた場合にもStockXは不況知らずかと尋ねられるとカトラー氏は「プラットフォームを用いたビジネスとしては、そうであることを望んでいる」と回答。

多くの販売者が生計をStockXに依存していることを理解する必要がある。毎日何千足ものスニーカーを売り上げるような非常に高度なビジネスを運営していて、StockXでの稼ぎで学費を支払っている学生に販売している事もあるかもしれない。

カトラー氏はまた、StockXを公開株式市場と比較。株式市場と同社はそれほど変わらないと主張し、現時点ではStockXの方がより安全な賭けである可能性があると述べた。

実際に、この状況を市場機会とみなしている顧客もいる。市場と同様に、値下がりしそうな希少なエアジョーダン1の価格を見て、その価格が長続きしないと判断できる人もいる。

「人々はスニーカーにお金を注ぎ込んでいる」とカトラー氏は述べ、「スニーカーにおけるポートフォリオは今年も上昇し続けている。S&Pについて言えるのはそれだけだ」と付け加えた。

[原文へ]

(翻訳:Dragonfly)