BigBasket

Uberが新型コロナでロックダウン中のインドで小売と提携し生活必需品を配達

次の記事

「ハードウェアのためのGitHub」のValispaceが人工呼吸器開発を支援

Uber(ウーバー)はインドの一部で、小売企業の食料品や生活必需品の配達をサポートしようと、サービスを再開させる。同国では2週間前に、政府が国民13億人に対し3週間のロックダウンを命じた。

Uberは米国時間4月6日にデリー、ムンバイ、バンガロールでの生活必需品配達でFlipkart(フリップカート)と提携したと発表した。この数日前にはオンライングローサリーBigBasket(ビッグバスケット)、カルカッタに拠点を置くチェーンSpencer’s Retail(スペンサーズリテール)とも同様の提携を結んでいる。

Uber IndiaとSouth Asiaを統括する業務運営部長Prabhjeet Singh(プラブヒート・シン)氏は、提携によりUberは小売企業の配達をサポートできると述べた。Uberは他の都市でも顧客にサービスを提供すべく取り組んでいて、ロジスティックで助けが必要な企業との協業を受け入れているとのことだ。

「こうした提携は経済を動かし、また政府が新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を抑制するために出したガイドラインに沿って人々が外出を控えることを可能にする。そしてドライバーの収入機会を生み出している」とシン氏は付け加えた。

Uberは生活必需品配達ではコミッションは取らない、とした。通常ドライバーは売上の25%をUberに納めているが、今回の提携による配達ではドライバーは売上すべてを自分のものにできる。

先週Uberはスペイン、フランス、ブラジルの企業や店舗とグローサリー配達で提携した、と発表した。米国や英国では同社はレストランに課していた手数料を一時的に廃止している。ただし、一部のレストランは手数料なしを利用できないと苦情を言っている(Uberはインドで展開していたフードデリバリー事業を2020年初めにZomatoに売却した)。

BigBasketは先週、ベンガル、ハイデラバード、チャンディーガル、ノイダの顧客にサービスを提供するのにUberを使うと発表した。

配達員不足で倉庫に50万点以上の商品が滞留しているFlipkartやBigBasketにとって、Uber活用は助けとなるはずだ。

「Uberとの提携は、セラーからの必需品を顧客のもとに最短で届けるのに役立つ」とFlipkartの最高経営責任者Rajneesh Kumar(ライニッシュ・クマール)氏は声明で述べた。

Uberと同社のインドでのライバルOlaは2020年3月に、新型コロナウイルス感染拡大を封じ込めるために政府がロックダウンを発動する前にインドでの事業を停止した。

Uberはまた、緊急に移動する必要がある人向けのライドを再開するための「Uber Essential」というサービスの試験導入し、州当局とともに取り組んでいると述べた。

画像クレジット:Anindito Mukherjee / Bloomberg / Getty Image

新型コロナウイルス 関連アップデート

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi