Deep Analyzer
グロービス・キャピタル・パートナーズ
ギリア

AIの社会実装の拡大を目指すギリアがグロービス・キャピタル・パートナーズから資金調達

次の記事

ホワイトハウスが新たな「国際月協定」推進を示唆

統合AIプラットフォームの開発・提供を手掛けるギリアは4月7日、グロービス・キャピタル・パートナーズを引受先とする第三者割当増資を実施したことを明らかにした。グロービスの出資額は非公開。ギリアは、 同社CEOの清水 亮氏が創業したUEI(旧・ユビキタスエンターテインメント)とソニーコンピュータサイエンス研究所、ベンチャーキャピタルWiLが2017年に共同設立した企業。

同社はこれまで、2018年8月には、保険事業を手掛ける東京海上日動とコンサルティング事業を手掛けるシグマクシス、みずほキャピタル、2019年8月に教育事業を手掛けるトライグループとみずほ銀行、2019年9月に電気機器事業を手掛ける図研と資本提携や業務提携を結んでいたが、今回は創業時のWiLに続くベンチャーキャピタルの出資を受けることになる。今回調達した資金は、エンジニアなどの採用・教育、新サービスの研究開発、同社の認知度向上のためのプロモーション活動などに使われる。

グロービス・キャピタル・パートナーズ シニア・アソシエイトを務める南 良平氏は、「グロービスとしてもAIの社会実装というテーマは強く関心があり、それを可能にする有力な1社としてギリアへの出資を決めた」とのこと。同氏はプレスリリースでも以下のようにコメントしている。

AIの社会実装は社会的に不可逆なトレンドであり、潜在的に市場は巨大と認識しています。一方で、よく言われるように人材不足の中、一定のカスタマイズが発生する多種多様なニーズに応えられるプレーヤーは希少であり、ギリアは間違いなくその有力な1社と考えています。株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所と株式会社UEIのジョイントベンチャーとして始まったユニークな“大人のスタートアップ”であり、既に有力な顧客・パイプラインを多く抱え、単なるPoC/受託開発に留まらないモデルを構築しつつあります。ギリアの目指す世界観の実現に大きく期待するとともに、今後ギリアの企業価値向上に向け伴走させていただけることを楽しみにしています。

ギリア代表の清水氏のコメントは以下のとおり。

仕事を通じてAIが社会に貢献できる領域の広がりを日々実感する一方、世界の先行きが不透明なこのタイミングでグロービス・キャピタル・パートナーズ様から資本参画いただいたことを非常に心強く思っております。同社の持つ豊富なコネクションとビジネス経験からの助言を賜りながら、ギリアはさらなるAIの社会実装を加速します。

ギリアは2019年12月にスイッチサイエンスと共同で、ギリアが開発したマウス操作によるAI開発を可能にしたGUIベースの深層学習ソフトウェア「Deep Analyzer」(ディープアナライザー)を利用して企業などの問題解決に活用する手法を学べる入門講座「Deep Analyzerワークショップ」を開催。AIをより簡単に使えるような取り組みを進めている。

関連記事:ソニーCSLが出資のギリアが一般顧客向けAIサービスの提供を2018年内に開始予定、ブラウザだけで誰でも人工知能