PlayStation 5のDualSenseコントローラーはゲーム用アクセサリーの未来を告げる

次の記事

Nuroの無人配達車がカリフォルニアでの公道試験許可を取得

Sony(ソニー)がPlayStation 5のコントローラーのデザインを明らかにした。それは、好評だったDualShock(デュアルショック)系列の後継機で、新世代モデルはDualSense(デュアルセンス)と呼ばれる。

そのデュアルセンスコントローラーは黒と白を身にまとい、ゲームパッドというよりは未来的なプラスチック製装甲ロボットの装具のようだが、それでもなお明らかにデュアルショックの名残はある。特にボタンのレイアウトは、代々のPlayStationでおなじみのものだ。しかしデュアルセンスには触覚的フィードバックがあり、これによりゲームの没入感覚がより高度になるとソニーはいう。

触覚的フィードバックは、現世代のコントローラーの特定の原因がない低周波ノイズを抑えるための改良だろう。またソニーはさらに、新しいL2とR2に加えた「アダプティブトリガー(adaptive triggers)」によって、従来よりも触覚的なレスポンス(応答性)を加え、ゲーム内のアクションを実行しているときに、いろいろ異なった種類のテンションの反応がある。その例のひとつが「弓を引いて矢を射る」という反応だ。

アダプティブトリガーのために内部のスペースが必要になっているため、外見はデュアルショック 4と比べてややずんぐりしている。ソニーによると、デザインを変更して部品の角度を再設計し、コントローラーを手に持ったときの感じは見た目よりずっと軽いものになっているという。

このコントローラーは専用の「Share」ボタンがなくなり、新たに「Create」ボタンを搭載した。これまでの機能+αのものだと考えられるが、ソニーからの詳しい発表はまだない。

  1. ps5g1

  2. ps5g2

  3. ps5g3

 

一方、新たに設けられた内蔵マイクにより、ヘッドセット不要で音声チャットができる。ただしこれは正規の入力として使われるのではなく、単に「あると便利」といった機能のようだ。なぜならソニー自身は依然として、長時間のプレイにはヘッドセットの使用を推奨している。

あえてルックスだけを見れば、明らかにソニーは従来のコントローラーのおとなしい黒から、もっと大胆なデザインを目指したようだ。ツートンカラーのストームトルーパーのような基本色に、中央タッチパッドの両側のライトバーが色どりを添えている。

個人的にこのルックスは好きだし、またUSB-Cのポートは充電状態をチェックできるのでいい。PS5本体にどれくらいの関心があるのか、自分でもよくわからないが、コントローラーは非常にそそる。コントローラーだけで、アップグレードする気になるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa