web apps
Firefox

Firefoxの最新バージョンはアドレスバーの刷新が目玉

次の記事

医療機器セキュリティ向上のCyberMDXが約22億円を調達

Mozilla(モジラ)は米国時間4月7日、Firefoxブラウザバージョン75をローンチした。いつものように、ウェブアプリを作成する開発者のためのバグ修正や変更点はたくさんあるが、今回のアップデートの目玉は、アドレスバーの刷新となる。最近ではURLバーというよりも検索バーとして使われることの方が多いが、その使用頻度を考えると、どのブラウザでも最も重要な場所であり、ユーザーがすぐに変更に気付く機能だ。

今日のアップデートでは、Firefoxのアドレスバーに3つの大きな変更が加えられた。すぐにわかるのは、アドレスバーをクリックすると、最も多く訪問したサイトのリストが表示されることだ。そのサイトをすでにタブで開いている場合、リストの中でハイライトされ、ショートカットでそのタブにジャンプできる(これはプレビューリリースでは存在しなかった)。最も訪問回数の多いサイトのリストは、Firefoxの新しいタブページに表示されるものと同じで、そこで管理できる。

そしてアドレスバーで検索を開始すると、自動補完されるクエリが読みやすくなった。小さな変化だが、歓迎すべき変更だ。

今回のデザイン変更では、アドレスバーの外観も多少新しくなった。若干そのサイズが大きくなっていることに気づくだろうが、根本的な変化ではない。

Firefoxチームが米国時間4月7日に発表したところによると、Mozillaは新型コロナウイルス(COVID-19)の大流行にもかかわらず、当面は2020年のリリーススケジュールを変更する必要はないと考えている。Google(グーグル)はChromeブラウザのリリーススケジュールでバージョンのスキップを決定したが、MozillaのFirefoxのリリーススケジュールに変更はなさそうだ。また、Mozillaのチームはユーザーがブラウザーで何をしているかに注目し、例えばブラウザー内のビデオ会議システムの問題を優先的に解決してきた。

「今後、すべての新機能と予定されている変更について、下位互換性とユーザーが直面する潜在的な問題に対する可能性に、細心の注意を払い検討を進める」とMozillaのチームは記している。

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter