Starship Technologies
自律配送ロボット

非接触型配送の需要の高まりに応えて自律ロボの運用が広がる

次の記事

Yelpが従業員1000人解雇、1100人超を一時帰休に

自律配送スタートアップのStarshipTechnologies(スターシップ・テクノロジーズ)は、昨年8月に公表された4000万ドル(約43億4000万円)の資金調達ラウンドに続く拡張計画の一環として、アリゾナ州テンペでロボット食品配送サービスを開始した。

Skypeの共同創業者であるAhti Heinla(アフティ・ハインラ)氏とJanus Friis(ヤヌス・フリス)氏によって2014年に創業されたStarship Technologiesは、2021年の夏の終わりまでに100の大学に拡大する計画を含め、この1年で商業サービスを強化してきた。

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、既存のレストランが閉店を余儀なくさせられ、ギグエコノミーワーカーたちにさらなる重圧がかかっている中で、Starship Technologiesはその成長を加速する機会を得た。

COVID-19パンデミックの中で追加された新しい地域は、テンペだけではない。Starshipは、3月下旬にはワシントンDCで食料品の配達サービスを追加し、カリフォルニア州アーバインにも拡大した。また、2018年から営業を行っている英国では、ミルトンケインズへサービスエリアを拡大した。同社は、今後数週間でさらに都市を追加する予定だと述べている。

「非接触型配送の需要はここ数週間で急激に拡大しています」と声明で語るのは、Starship Technologiesで事業開発を率いるRyan Tuohy(ライアン・トゥーイ)氏だ。「より多くの人たちが自宅でより多くの時間を過ごしながら、地元のビジネスをサポートする方法を探していますから、私たちはテンペのコミュニティに役立てることを楽しみにしています。私たちのロボットは5か国で自律配送を行っています。私たちのロボットが、すべての人の暮らしを少しでも楽にできることに感謝しています」。

20ポンド(約9kg)まで運ぶことができる同社の自律型ロボットは、人びとが直接訪問することなく食料品や食品を入手する方法を模索している中で、新しい顧客基盤を見つけることができた。ユーザーは、Starship Deliveriesアプリの中で、配送先をドロップしたピンで指定して注文を行う。ロボットの現在位置は、インタラクティブマップを使ってチェックできる。ロボットが到着すると、ユーザーは通知を受け取り、ロボットに対面してアプリを使いロックを解除できる。通りを横断し、縁石を登り、夜間に移動し、雨でも雪でも運用できるこのロボットは、Starshipによって遠隔モニターされている。必要に応じて人間のオペレーターがロボットを制御できる。

テンペでのデリバリーサービスは、最初の段階では30台以上の自律オンデマンドロボットを使用し、毎日午前10時30分から午後8時30分まで、いくつかのレストランや住宅地を含む限定地域で運用される。このサービスエリアは、アリゾナ州立大学から約2マイル(約3.2キロメートル)のところにある。地元の住民はアプリを使用して、Fate Brewing Company、Tempe City Tacos、Venezia’s Pizza of “Breaking Bad”といった3つの有名店から注文することができる。

Starship Technologiesによれば、すぐにテンペ内でのサービスエリアを拡大し、より多くのレストランや食料品店を追加するとのことだ。

また、新型コロナウイルスによって大学は閉鎖されているものの、Starshipは、留学生や大学院生が居住する米国内の複数の大学キャンパスでの配送サービスは継続していると述べている。
新型コロナウイルス 関連アップデート

画像クレジット: Starship

原文へ

(翻訳:sako)