植物性流動食のKate Farmsが一般消費者市場への進出を目指す

次の記事

ずっと家にいる今だからこそ真価を発揮するCubii Proで室内ペダリング中

Kate Farmsは、固形食を食べられない患者のために病院などが栄養補助食品として使っている植物性の流動食のサプライヤーだ。同社はこのほど、2300万ドル(約24億9000万円)の資金を調達した。

会長でCEOのBrett Matthews(ブレット・マシューズ)氏によると、その資金は消費者とヘルスケアプロバイダー双方からの需要増に対応すべく、生産能力の向上に当てたいという。

同社を創業したRichard Laver(リチャード・レイバー)氏とMichelle Laver(ミシェル・レイバー)氏は、最初その流動食を娘のKate(ケイト)のために作った。脳性小児麻痺のケイトは固形食を食べられず、市販の経管栄養での摂取もだめだった。その後Kate Farmsは、全米の病院にサービスを提供するビジネスに育っている。

マシューズ氏は、息子が上気道の疾患と自己免疫疾患に苦しんでいた。彼は最初、顧客として同社を知ったが「自分の子が重症で、治療のためには食事がとても重要だった。同社の製品と医療品としての食品について、その後多くを学び同社への参加と投資を決意した」と語る。

マシューズ氏はKate Farmへ最初の投資を行った後、取締役会の会長になり、そしてついにCEOになった。

Kate Farmsはこれまで主に個人から資金を調達し、企業としての投資家と縁がなかった。今回もその例に漏れず、資金は一連の大物投資家たちから集められた。大物投資家は、以下のとおりだ。

  • David Roux(デビッド・ルー、Silver Lakeの共同創業者)
  • John Hammergren(ジョン・ハマーグレン、McKessonの元会長で現CEO)
  • Gregg Engles(グレッグ・エングルス、植物性乳製品代替食品のWhiteWave Foodsの元会長で現CEO)
  • Kristin Loomis(クリスティン・ルーミス、Lazardの元CEO、HHV-6 Foundationの常勤役員)
  • Pete Nicholas(ピート・ニコラス、Boston Scientificの創業者で元CEO)
  • Robert Zollars(ロバート・ゾラーズ、Baxter Internationalの元社長、Diamond Foodsの会長、Cardinal Healthの執行副社長)
  • Celeste Clark(セレステ・クラーク、元Kellogg’s Global Nutritionのチーム管理団役員)

2019年に調達を完了したその資金は現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とそれへの政府の対応によって生じた需要増のための増産に使われている。Kate Farmsは、南カリフォルニアの高齢者配食事業に100万ドル(約1億800万円)相当の同社製品を寄贈している。サンタバーバラに本社のあるKate Farmsは、100万ドルは22万5000食に相当するという。

同社の植物性で遺伝子組み換えでない流動食は、経管栄養を必要とする子どもや大人の栄養状態を改善することが、臨床的に証明されている。マシューズ氏によるとAmerican Society for Parenteral and Enteral Nutrition(全米非経口および腸溶性栄養協会)の季刊誌に載った研究は、アトランタ胃腸病学連合が行なった臨床試験に基づいているとのこと。

「小児科の市場では弊社製品が体重の増加を改善し、薬物耐性も改善している」とマシューズ氏はいう。

さらにマシューズ氏によれば、米国では経管栄養を必要とする人がおよそ70万人いて、その他にも同社製品によって栄養状態を改善できると思われる人が1億5000万人いる。その市場の大きさはアメリカでほぼ30億ドル(約3250億円)、全世界では100億ドル(約1兆1000億円)になるとのことだ。

Kate Farmsは、さらに高いところを目指している。同社の声明にあるように、植物性の乳製品代替食品の消費者市場の大きさは2017年で210億ドル(約2兆3000億円)、2024年には375億ドル(約4兆1000億円)に達すると予想されている。そしてUBS Investmentsによると、次の10年間には代替食肉が2018年の46億ドル(約5000億円)から2030年には850億ドル(約9兆2000億円)に成長する。

「もちろん今は医療食が中心だが、今後は大きく進化するだろう」とマシューズ氏は語っている。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa