Chair
Bluetooth(用語)
Cubii
Cubii Pro

ずっと家にいる今だからこそ真価を発揮するCubii Proで室内ペダリング中

次の記事

フランス競争当局がGoogleにニュース再利用の対価支払いを命じる

こんなことになってしまって、もう1週間半もアパートの外に出ていない。YouTubeヨガは一種の恩人のようになっていて、ほとんど使っていなかった30ポンド(約13.6kg)のケトルベル(筋力トレーニング用の器具)は部屋に転がっていた。だが、私のApple Watchは、ほとんど手つかずだった。エクササイズの時間とステップ数が、悲惨なほど不足しているという厳しい現実は、他の何よりも深刻な状況にある。

さて正直なところ、最初に友人がこの机の下におく楕円物体を勧めてきたとき、私は少し馬鹿にしていた。だがその頃は今よりもましな、対人距離を保ちながら自転車でその辺をひと回り走ることができた時代のことだ。しかし、今では医師の指示によって(いつかは感慨深く振り返ることにさえなるかもしれないが)ビルのロビーにある郵便受けから先に出ることができなくなってしまった。

ということで、今はCubii Proのレビューを書いているというわけだ。実のところ、これは新製品ではない。だが、今こそ真価を発揮するタイミングなのだ。通常であればこのプロダクトは、私たちが頻繁に警告を耳にしてきた長時間座っていることの危険性に対処するためにデザインされた、オフィス向けのちょっと間抜けな「フィットネス」用具のように思える。

しかし、2019年に取り沙汰されたように、もし座り続けることが「新しい喫煙習慣(体に悪い習慣という意味)」だというなら、自己検疫のご時世において、それが単に新しい現実として私たちに突きつけられているということだ。たとえ机と台所の間を歩いて往復するよりも多少ましなだけだとしても、機会をとらえてどこででもエクササイズは取り入れたい。Cubii製品のラインナップは、本格的な運動の代わりになるものでは決してないが、彼らは私たちが完全な萎縮の被害者に陥るのを防ぐために、果敢な努力をしている。

その名前が示すように、Proは2016年にKickstarterキャンペーンを通じて発売された標準的なCubiiの上位版だ。349ドル(約3万8000円)という価格はそれなりの投資額だ。Pro版で行われた最大のアップグレードはBluetooth接続の追加である。Apple Healthなどのサードパーティ製の記録アプリと連携するために、iOSおよびAndroid用のアプリが用意されている。正直に言って、これまでApple Watchに入れ込んできた人にとっては、これはかなり良い買い物だ。

デバイスはほぼ完成した状態で出荷される。自分でペダルを取り付ければ完成だ。ネジ締めのためのドライバーも付属している。とても簡単だ。正直なところ、設置における最大の悩みは充電だ。Proは私が最初に予想していたよりもはるかに大きくて重く、microUSB経由で充電を行う。つまり、長いケーブルを持っていないなら、コンセントの近くに長時間置いておくための場所が必要なのだ。私の小さなアパートには床にコンセントがないので、工夫をする必要があった。

充電自体にも時間がかかる。もし可能なら、ひと晩かけて行うのがベストだ。とはいえ、良いニュースとしては、バッテリーはそれなりにもつということだ。数週間に一度の充電で十分だと思う。

サイズも、使用の観点から見たときの制約となる。長さがあるため、使用するには机を壁から少し引き離す必要があった。また、自分の膝を机の天板の底にぶつけないように、少し深く座る必要があった。まあ正直なところ、ソファに座りながらテレビを見ているときに使うのがおそらく最も良いだろう(机なしにこれでノートPCを使うことは流石に無理な相談だ)。もしオフィスのいすが私のいすのように回転式なら、さらに創造的なアイデアが湧くだろう。前述のケトルベルは、イスの脚の間に置かれているため、ペダリングをするたびについでにケトルベルを使う機会が増えた。

まあ、これらの些細なことはさておき、このプロダクトを結構楽しんで使っている。動きはスムーズで、Bluetooth接続は上手く機能する(ただしペダリングを始める前に、アプリを起動しておく必要がある)。そして飽きさせないように、8種類の負荷設定がある。このような状況でなければ、この種のプロダクトにこれほど多額の出費をするとは考えられなかったが、今は特別な時期だ。そして、ほぼ正常に戻った後でも、家を出るのに困難がある人にとってこのCubii Proは、はるかに高価な家庭用運動器具に代わる、しっかりしたアプリを備えたポータブルで優れたプロダクトとなるだろう。

新型コロナウイルス 関連アップデート

原文へ

(翻訳:sako)