JR東日本スタートアッププログラム2020
東日本旅客鉄道

JR東日本スタートアップが2020年度のアクセラレーションプログラムの募集開始

次の記事

コカ・コーラ系自販機がNFC Type A/Bに対応、VISAやMastercardでキャッシュレス決済

東日本旅客鉄道とJR東日本スタートアップは4月13日、 優れた事業アイデアを有するスタートアップ企業などとの協業によるビジネス創造の取り組みとして「JR東日本スタートアッププログラム2020」を開催することを発表した。

同プログラムは2017年度から開催している取り組みで、 これまでに計63件の提案を採択。 鉄道事業や生活サービス事業、 IT・Suica事業など幅広い分野の実証実験を進め、一部は実用化に漕ぎ着けている。4回目となる2020年度のテーマは、地方創生、観光・インバウンド、スマートライフの3つ。

地方創生
東日本大震災発生から10年の節目を迎える東北エリアをはじめとした「地方創生」の推進

観光・インバウンド
新たな視点での観光資源活性化や地域の魅力創出などの「観光・インバウンド」事業の創造

スマートライフ
テレワーク・デュアルライフなどの社会的なニーズへの対応、 デジタルトランスフォーメーションによる新たな消費行動など、 新しい働き方や暮らし方の提案としての「スマートライフ」の実現

具体的な事業領域は以下のとおり。設立(起業)から10年以外の企業で、年度内に実証実験が可能なプロダクトやサービスが対象だ。

  1. 人・モノ・情報をタイムリーに結び付け、 利便性を高めるサービスの創出
  2. 出発地から目的地までをスムーズにつなぐ快適な移動の創造
  3. より安心・安全な輸送、 サービス向上に資する技術革新
  4. 魅力あるサービスの提供を通じ、 国内外の多様な人々が集い楽しめる場としての駅づくり
  5. 地域の雇用・移住・観光の促進
  6. 環境負荷の少ないエネルギーや安全で安定した食糧の供給など社会的課題の解決

応募期間は5月31日までを予定しており、JR東日本スタートアッププログラム専用ページから申し込める。応募条件と選考スケジュールは以下のとおり。選考に残った企業は、1社をスタートアップ大賞、1〜2社を優秀賞、同じく1〜2社をその他各賞を授与され、それぞれ100万円、50万円、10万円の支援金を受け取れる。

応募条件

  • 提案内容が新規性を備えていること。
  • JR東日本グループのリソース・アセットを活用すること。
  • 応募者・JR東日本グループにとって新たな事業展開に繋がる取組みであること。

選考スケジュール

  • 応募締切:5月31日
  • 書類審査結果通知:6月30日
  • プレゼン審査(非公開):7月中
  • アクセラレーション期間:8月~
  • Demo Day(公開):11月
  • 実証実験:12月~