CNNがNewsCoのリリースに向けパーソナライゼーションエンジンのCanopyを買収

次の記事

フィリピン拠点のライブストリーミングサービス「Kumu」が約5.4億円を調達

The Informationが2019年に報じたところによると、CNNはAppleやFacebookなどに対抗する新しいデジタルニュースサービスに取り組んでいるという。現在、その計画の一部が具体化しつつある。Turnerが所有するニュース放送局(CNN)は、多目的のコンテンツパーソナライゼーションサービスを提供するCanopy(キャノピー)を買収した。Canopyのサービスでは、人間によるキュレーション、デバイス上での機械学習、差分プライバシー技術を使用して、読者が本当に知りたい内容を見つけられるよう支援すると同時に、個人データのプライバシーも守ることができる。このスタートアップは、CNNが今回予定しているニュースプロジェクトの基盤となる。

Canopy2018年に設立され、これまでにリリースされた唯一の製品はTonicと呼ばれるアプリであり、それが同社の業務内容を示す商業上の唯一の例だった。「ボストンとブルックリンを拠点とするこのスタートアップのチームと資産が新しい親会社に統合されるため、このアプリは今後数カ月かけて段階的に縮小していく」とCanopyは語った。

CNNはこの取引の金銭的条件を公開していないが、人材(計15名)、知的財産、その他の資産を完全に取得するということは認めている。CanopyはThe Echo Nestの前共同創業者であるBrian Whitman(ブライアン・ホイットマン)氏が共同創業者となり経営してきた企業で、Matrix PartnersおよびE14から450万ドルを調達した(The Echo Nestはコンテンツレコメンデーション機能を提供する企業で、Spotifyによる買収後はSpotifyのレコメンデーションエンジンの基盤となった)。

現在「NewsCo」というコードネームで呼ばれている新しいプロジェクトについて「さまざまなトピックについてユーザーを信頼できるニュースソース、ストーリーテラー、クリエイターとつなげるニュースと情報のプラットフォーム」だということ以外はCNNはまだ多くを語っていない。

tonic

CNNには、現在の消費者だけでなく、将来の消費者の好み、関心、ニーズも満たす新しいプロダクトやサービスを構築するという大きな計画があり、今回のイニシアチブはその計画の一部である。このことは、今後、捉え所のないコンセプトやユーザと広告や有料購読「など」のかたちでの収益を、大規模かつ長期的に追い求める動きが、メディア業界全体(他の放送局から、出版をルーツとする企業、当初からオンライン媒体であるニュースメディアまで)で推し進められていくことを強く示している。

この「など」は議論を呼ぶところだが、多くの場合データが含まれる。広告ネットワーク企業やそれ以外のデータを収集する企業など、有名無名を問わずさまざまな組織でデータの交換、売買が行われている。ただし、CNNはそこに一線を引き、その線を越えないサービスを作成するようその可否や方法を検討しているようだ。少なくともその点は希望であると思える。サービスはまだ何もリリースされておらず、CNNがどれほど大衆に受け入れられていて背後にどのようなビジネスモデルあるのかは、その時になってからわかるだろう。

ホイットマン氏は声明の中で「人々が自分にとって重要なトピックや問題に関する信頼できるソースを見つけることを支援するうえで、今はこれまでで最も重要なときだ。CNNのチームに加わり、全世界数百万のユーザーに向けてすばらしいプロダクトを作成できる。このことにとても興奮している」と語った。

コンテンツのパーソナライゼーションに注力するスタートアップの買収については、これがCNNの最初の取り組みではない点に言及しておくべきであろう。2011年、CNNは同様の目的でZite(ザイト)を買収した。ユーザーが読んだり見たりする内容を「推測」することで、より関連性の高いコンテンツを見つけられるよう支援するという目的である。

私の理解によれば、この取り引きはCNNの以前の首脳陣によって行われたもので、その時期はZiteを活用できるような大きな計画がなかった。結局、Ziteは3年後にFlipboardに売却され、CNNが所有していた時期にはあまり注目すべきことはなかった(条件は明かされなかったが、当時はZiteに特化した取り引きというよりCNNとFlipboardとの間のパートナーシップが重視されたようだ)。

「人生でもビジネスでもタイミングがすべてだ」とCNNの広報担当者はTechCrunchに語った。「我々がZiteを買収した時期は適切ではなかった。Ziteの機能を活かすために買収したのだが、率直に言って当時はその機能を最大限に活用する準備が整っていなかった。ZiteをFlipboardに売却したのは正しい判断であり、関係者全員にとって正しい結果となった。組織として進化する上で、このときに学んだことは役に立った」。

Canopyはなぜパートナーになるのではなく売却することにしたのだろうか。さまざまなコンテンツに使用できるレコメンデーションエンジンを構築するうえで、パートナーになることがCanopyのもともとのビジネスモデルだった。

注目すべきことに、少なくともCanopyの話によれば、同社は特定の顧客を選ぶことはなかった。また、少なくとも公表している限りでは、Canopyは創業期のシードラウンドを超えるお金を調達していない。AppleやGoogleはコンテンツの実験に多額の費用を投入できる。それ自体で収益元となるコンテンツもあれば、顧客を自社のエコシステム内に維持することが目的のコンテンツもある。このようなメガプラットフォームの時代には、多くのユーザーに使ってもらうことを目的とした場合、単体のサービスとして拡大しようとすることは非常に困難である。

「我々の長期的な夢は、数百万の人々に利用してもらい、ますます複雑になる世界でユーザーが自分に役立つ情報にアクセスできるよう支援することだ」とホイットマン氏はメールで回答した。「この買収でCanopyの夢はさらに大きくなる。数百万の人々がニュースや情報にアクセスしながら、同時にユーザーデータの安全が確保される新しい方法を我々は構築する」。

CanopyはTonicのユーザーに関する数字を公表していなかったが、データセキュリティにおける専門性がCNNにとっての魅力の一部だったと認めている。その点の詳細とプロダクトのリリース日が気になるが、ホイットマン氏は「1年以内の予定」と語った。

「この買収によって、一度の取引で実績ある最高レベルのチームが活躍できるようになる。通常、このような深い知識とスキルセットを持つチームを集めるには数カ月または数年かかるだろう」とCNNのエグゼクティブバイスプレジデント兼チーフデジタルオフィサーであるAndrew Morse(アンドリュー・モース)氏は声明の中で述べている。「Canopyの高速サイクルかつ反復型のソフトウェアおよびプロダクト開発の文化によって、より迅速に我々の野望を実現し、目標とするものを提供できるようになる」。

[原文へ]

(翻訳: Dragonfly)