Kargo(企業・サービス)

ロジスティックのKargoが約33億円調達、新型コロナ救済基金も設立

次の記事

iPad Proのようなデザインの新iPhoneをアップルが準備中との報道

Uber Asiaで役員を務めたベテランのTiger Fang(タイガー・ファン)氏が共同創設した、ジャカルタ拠点のロジスティックスタートアップKargoがビジネスの拡大と、新型コロナウイルス(COVID-19)と戦う東南アジア諸国の企業をサポートするために3100万ドル(約33億4000万円)を調達した。

シリコンバレー拠点のTenaya Capital、Sequoia India、Mirae Asset Management、Intudo VenturesなどがKargoのシリーズAラウンドに拠出した。これまでに3860万ドル(約41億6000万円)を調達しているKargoの投資家にはUberの創業者で前CEOのTravis Kalanick(トラビス・カラニック)氏が含まれている。

KargoはUberのコンセプトの一部をトラック輸送やロジスティックに応用している。顧客である事業者はモバイルアプリやウェブサイトからトラックをオーダーする。しかしサービスはより広範だ、とファン氏は話す。Uberと異なり、Kargoはトラックドライバー個人ではなくトラックオペレーターや3PL(サードパーティーロジスティック)と協業している。

シリーズAの発表では、Kargoは普通ではないアプローチをとった。同社は新型コロナと戦っているインドネシアの企業をサポートしたいと考えている。新しく設立した100万ドル(約1億1000万円)のトラック運転手救済基金で支援する計画だ。Kargoの従業員も給料から基金に寄付していて、ファン氏は2021年に、給料を一切受け取らない方針という。基金へは誰でも寄付できる、とファン氏はTechCrunchに語った。

KargoはまたKita BisaやPT Akar Indah Pratamaなどいくつかの慈善団体とも提携し、複数の病院の職員と患者に食事や必要不可欠の医療物資を届けるべく取り組んでいる。

Yodi Aditya (ヨディ・アディティア)氏(写真左)とタイガー・ファン氏(右)が共同でロジスティックスタートアップKargoをジャカルタに設立した。

Kargoはドライバーの安全を守るためにいくつかの予防措置を講じていることも明らかにしている。その中にはルート上に休憩場所を多く確保し、適切な消毒を行うことが含まれている。同社はまた、ユーザー間の物理的接触を制限するためにプラットフォーム上に電子の配達証明システムを導入した。

「インドネシアにおける必要物資のサプライチェーンが影響を受けることがないよう、当社が最も信頼できるロジスティックパートナーであることを約束する。従業員全員が給料の中からそれなりの額を寄付し、地元の企業や組織にともにこの問題に取り組んでいこうと呼びかけている」とファン氏は話した。

「経済状況が見通せない中で、我々を引き続きサポートしてくれるすばらしい投資家たちに感謝している」とも付け加えている。

東南アジアマーケットでは、インフラの非効率さを解決しようと荷主や輸送事業者が徐々にテクノロジーを受け入れ始めており、ロジスティックには大きなチャンスがある。

Kargoを利用している荷主は6000社を超え、トラック5万台超のネットワークでインドネシアを網羅している。

新型コロナウイルス 関連アップデート

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi