GitHubがほぼ全面的に無料化

次の記事

ソニーが新型コロナで影響を受けるゲーム開発者の救済基金に11億円拠出

GitHubは米国時間4月14日、現在無料アカウントにあるものを含め、主な機能のすべてを全ユーザーに対して無料にすると発表した。つまり、無制限のプライベートリポジトリと無制限のコラボレーターが無料で提供されるということで、このサービスを商用プロジェクトに使っているチームもその対象になる。また、同社のオートメーションとCI/CDプラットホームであるGitHub Actionsも、月間2000時間まで無料になる。

コードのオーナーのような高度な機能や、SAMLのサポートのようなエンタープライズ機能を使いたいチームは有料プランにアップグレードしなければならない。Teamsプランは以前は月額9ドル(約970円)だったが、今回の変更で月額4ドル(約430円)で利用できるようになる。なお、Enterpriseプランは月額21ドル(約2250円)で利用できる。

GitHubのCEOであるNat Friedman(ナット・フリードマン)氏は、今回の変更は以前から予定されていたもので、現在の新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックに対応した期間限定のプロモーションではないと強調している。「これはかなり前から計画されており、我々がやりたいと思っていたことだ。途中(Microsoftによる)買収があったりしたが、やっと今やれるようになった。何よりもまず自分たちがやりたかったことなんだ」とフリードマン氏はいう。

言うまでもなく、同社の料金体系は以前からフリーミアムが基本だが、Microsoft(マイクロソフト)に買収されて以降は無料アカウントの機能をどんどん増やしてきた。しかしそれほど前のことでなくても、例えば最下層のパーソナルGitHubアカウントを有料で使う主な理由は、プライベートリポジトリにアクセスするためだった。しかし2019年1月に同社は、すべての無料ユーザーにプライベートリポジトリへの無制限アクセスを認めた。ただし、コラボレーターは3名に限られている。

「GitHubはプライバシーに金を払う形から機能に金を払う、いわゆるフリーミアムに変わりつつある、と世間では言われていた。でも我々の考え方では、地球上のすべてのデベロッパーとチームが自分たちの開発のためにGitHubを自由に使えるようにしたいんだ。そのプロジェクトがプライベートあるかパブリックであるかは関係なく」とフリードマン氏は語る。

現在、GitHub上には4000万あまりのデベロッパーが存在するが、フリードマン氏によると2025年には1億に達するという。

そこでフリードマン氏は「そうなるとGitHubの事業の形態も抜本的に変わらなければならない。企業として考えるべきは、そのことなんだ。誰でもただGitHubを使いたいだけで、その理由や背景の違いはどうでもいい。これからスタートアップを立ち上げる人でも、大企業の中にいる人でも、GitHubを使う理由や動機は等しく単純だ。クレジットカードとか予算とか、面倒なことに気を使わずに単純にチームを立ち上げたいだけなんだ」という。

またフリードマン氏は、今回の変更は他社からの競争圧力のせいではないという。しかし、GitLabにはCI/CD機能が最初からある強力な無料プランがあり、今やAtlassianのBitBucketにも無料プランがある。ただし後者は、大きく変わったGitHubに比べればやや制限がある

フリードマン氏は「今回の変更によってGitHubは、デベロッパーにとって圧倒的に最良の料金体系とアクセス性のある場所になった。すべての競合他社を抜いたともいえる。だから今や競争が動機というよりも市場をもっと広げたい、さまざまな市場の、我々がこれまで知らなかったようなニーズも知りたいという動機の方が大きい」と語っている。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

【2020.04.30 12:45修正】GitHubの料金帯系について誤訳がありました。お詫びして訂正いたします。