Satechiの新しいAirPodsドックでケーブルを完全排除

次の記事

ラグジュアリー品委託販売のRealRealが社員の10%を解雇、15%を自宅待機に

Satechiのプロダクトは、愚かさと崇高さの中間に位置する(もちろん、使いこなせれば実用性もある)。USB-C Wireless Charging Dock for Apple AirPodsという名前はあまり印象的ではないかもしれないが、価格の割にいいアイテムだ。同社のご都合主義な「自宅で仕事をしながら簡単かつ便利に充電」という宣伝文句はそのとおりだが、一部のApple(アップル)ファンにとって、この奇妙な小型ドックはスイートスポットとなるだろう。

このアクセサリーは似たデザインのApple Watchの充電ドックを踏襲しており、基本的にはAirPodsをUSB-Cポートから直接(ワイヤレスで)充電できる。接続先はMacBookでも、iPad Proでも問題なく、ケーブルだらけのデスクやLightningケーブルにうんざりさせられている人にはぴったりだ。

ドックはワイヤレス充電器かつクレードルとしても機能し、ラップトップがひざの上ではなく机に置かれているときに最適だ。なお製品の幅は、MacBookの片面の両方のポートを埋めてしまいそうまほどとなる。

AirPodsとAirPods Proの両方に対応し(ワイヤレス充電ケースを持っていれば)、動作中であることを閉める小さな充電ライトが埋め込まれている。製品は現在予約販売中で、5月に出荷予定。価格は30ドル(約3200円)で、期間限定の予約割引中は25ドル(約2700円)となっている。

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter