ネットサービス
Meta / Facebook / フェイスブック(企業・サービス)
新型コロナウイルス(用語)

Facebookが友だちや家族への特別の愛と気づかいを表現する新リアクション「care」を追加

次の記事

新型コロナ禍でVCが尻込みする中、Clearbancはスタートアップ支援の新商品を発表

多くの人が家に閉じこもりがちな今、Facebookは友だちや家族や近所人たちが新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの中でどうしているかをチェックする一番の道具になっている。米国時間4月17日、同社は応援する気持ちと自分の存在を示す方法の1つとして、新しいリアクション「care」 を追加することを発表した。絵文字の顔がハートを抱いていたり、ハートが鼓動していたりする。新しいリアクションの絵文字は、これまでの「いいね!」「超いいね!」「うけるね!」「すごいね!」「悲しいね」「ひどいね」と並んで表示される。

この 「care」 は、2015年にそれまで「いいね!」だけだったリアクションの種類を増やしてして感情を素早く表現できるようにして以来の新規追加だ。

「care」 ボタンは来週からFacebookのメインアプリ(ハートを抱いている絵文字)に追加され、Messengerのリアクション(鼓動するハート)は米国時間4月17日から追加される。新しいハートは既存のリアクションを押して変更することも、新しいリアクションで出すこともできる。

Messengerは鼓動するハートのリアクションを今日追加して、友だちや家族に特別の愛と気づかいを表現できるようになった。

リアクションを変更するには元のハートを長押しして新しいハートを表示させる。元に戻すにはもう一度新しいハートを押せばよい。

「新しいリアクションが#COVID19新型コロナ・パンデミックの中で誰かを気にかける気持ちを表す新たな方法になることを願っています」と広報担当者は ツイートした。「この不安な時期に、人々が友だちや家族のことを思っている気持ちを表すことで励まし合って欲しい」。

これに先立ち、FacebookのプロダクトデザイナーであるPedja Ristic(ペジャ・リスティック)氏は自身の投稿で新しいリアクションを試していたようで、これもヒントになった。

確かにこれはとても小さなジェスチャーにすぎない。投稿への反応に絵文字を送っても食べ物が届くわけでも、誰かの収入を保証できるわけでもない。新型コロナの偽情報を防ぐことも、最善の対応策を教えることもないし、この恐ろしい病気にかかってしまった人を治療することもできない。

しかし、Facebookが多くの人々の支援ネットワークの中心となっている。1人で暮らす人たちにとっていっそう重要な役割を果たしている現在、新しいリアクションはFacebookをもっと役立つように、私たちがたった今必要としている気持ちに沿うようにする1つの方法だ。

Facebookは現在の健康危機に役立つためにさまざまなレベルの仕事をしている。誤情報を削除し、良いニュースを報じている地域メディアに支援金を提供し、中小企業にも支援の手を差しのべ重要なお知らせを広く伝達して公共保健機関を助け、他の多くの人たちと同じく必要としている人にマスクを寄付した。

新型コロナウイルス 関連アップデート

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook