運用時間を延長するミッションの成功で小型衛星群化がさらに進む

次の記事

エネルギーグリッド向け予測ソフト開発のAmperonが約2.2億円を調達

Northrop Grumman(ノースロップ・グラマン)が初めて行うMission Extension Vehicle(ミッション延長用宇宙船、 MEV-1)のデモンストレーションミッションが成功し、Intelsat(インテルサット)の衛星の寿命を5年延ばすことができた。ミッションでは、2月25日にノースロップのMEVがインテルサットのIS-901衛星と軌道上でドッキングし、その後インテルサットの軌道を変更して運用時間を延長した。

最初のドッキングは2月末に行われたが、MEVはその間IS-901の軌道を変えることに時間を費やし、その後Intelsatは一部の顧客をそれまで使われていなかった衛星に移して、通信サービスに使えるようにしている。両社の発表によると、現在「フルサービス」を提供しており、それが今後5年間続く。その後、MEVは廃止用の軌道に戻って最終的に引退する。その際、MEV−1は再び他のスペースタグミッションでも利用できるようになり、別の衛星のために同じサービスを実行できるようになる。

これは、軌道のサステナビリティ(持続可能性)と宇宙でのサービス、および寿命延長の点で画期的であり、特にNorthrop Grummanはこれをサービスとして提供できるようになる。一方、Intelsatにとっては、新しい衛星を打ち上げなくても中断のないサービスを継続できる点で「コストパフォーマンスがよく効率的」であり、顧客のニーズに対応できると同社はプレスリリースで述べている。

今、業界ではコストを下げようと、巨大な静止衛星から低地球軌道を飛ぶ機動力のある小型衛星群へと移行している。今回のような軌道サービスはオプションを提供するが、しかし今のところは、新しい人工衛星コンステレーションのスタートアップではなく、レガシーな衛星事業者のほうが魅力的なようだ。

Northrop Grummanは、2020年後半にIntelsatの衛星にサービス提供するために第二のMEV打ち上げを計画している。この動きは短期的にも市場性があり、将来的にも大型宇宙船の経済性を変えてしまうかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa