サムスンの新TV梱包は猫の家や棚、雑誌ラックとして使える

次の記事

NASAとSpaceXによる初の有人宇宙飛行は5月27日に決定

素敵なものが出てきた。革命的でもなければ、生活を激変させるものでもない。しかし素敵なものだ。そしてこの素敵なものは使うことができる。Samsung(サムスン)は今月初め、テレビが入っていた箱がいくつかの用途の“家具”に早変わりする「エコ・パッキング」のラインナップへの追加を発表した。筆者があえて「家具」と表現したのは、段ボールでありながら実際「家具」だからだ。

しかし、テレビの箱の1つや2つをペットの家に変えた人と全ての点で筆者の意見は同じだ。

大人向けのニンテンドーラボといった感じだ。テレビが入っていた箱を棚、マガジンラック、猫の家などさまざまなものに変えることができ、そのインストラクションにはQRコードでアクセスできる。そうした家具がどれくらいの期間、使用に耐えるかは使用方法やあなたの猫次第だ。

この箱は手始めにThe Serif、Frame、Sero TVのモデルの出荷に使用され、今月テレビから始まる。サムスンのこのアプローチは1月にCESイノベーション賞を受賞した。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi