Bluetooth(用語)

数百名の学者がプライバシーに配慮した新型コロナ接触者追跡を支持

次の記事

3Dプリントメガネ製造のFitzがヘルスケアワーカーにカスタム保護メガネを提供

世界中の何百名もの学者たちが、新型コロナウイルス(COVID-19)の広がりを理解するための接触者追跡システム(contact tracing systems)がプライバシーを重視することを歓迎している。

300名近くの学者が署名し、米国時間4月20日に公開された書簡では、自分が新型コロナウイルス感染者と接触したかを知ることができる、オプトインで非集権的な方法をAppleとGoogleが共同開発するという発表を賞賛している。

学者たちによると、その接触追跡アプリは、Bluetoothによる追跡を自動的に行い、位置データを集めて中央的に保存するアプリに比べて、はるかにプライバシーを保護する。

「接触追跡はよく知られたツールだが、伝統的に手作業でやっていた。スマートフォンの接触追跡アプリは、状況によっては手作業による接触追跡の有効性を向上させる。しかし接触追跡アプリの有効性は議論の余地があるが、その実装はまず、ユーザーのプライバシーを護るものでなければならない。他の多くの問題に対して安全を確保する必要がある。例えばアプリを利用して、不当な差別や監視が行われる可能性があるからだ」と書簡には記されている。

この学者たちからの推奨は、もっと重要なタイミングで得られなかった。個人に新型コロナウイルスへの接触を追跡する方法は、競合するものがある。分散型のシステムは追跡データを1箇所に置かないため、プライバシー保護に優れている。学者たちによると、中央集権的なデータの保存は「人びとに関する情報の侵害的な再構築を許してしまうため、議論の余地なく排除すべきだ」という。そしてそれは「外部からの検査が可能で、プライバシーの保護ができる設計になってなければならない」という。

さらにまた、今もそして将来においても「現在の危機を口実に、人びとのデータを大量に集められるツールを作ってはならない」と書簡には記されている。

この書簡の数日前には、この同じ学術グループが、PEPP-PTと呼ばれる同様の接触追跡プロジェクトのサポートを取り下げた。このツールは7つの国が使用しているという。そのうちの2カ国であるスペインとスイスは、分散型の接触追跡ソリューションを求めていた。しかし、蓋を開けてみるとPEPP-PTは、プロトコルが独自規格の中央集権的なもので、そのプロジェクトに関わった一部の学者も、オープンでないし透明性を欠くとして、プライバシーを重視するDP-3TプロトコルやAppleとGoogleのクロスプラットホームなソリューションをサポートするようになった。

この書簡に署名した学者の1人であるサリー大学のAlan Woodward(アラン・ウッドワード)氏はTechCrunchに、書簡は学界が「正しいやり方」と信じているものを示していると語った。

「これまで、この分野でこんなものを見たことがない」とウッドワード氏は語る。「わずかな人たちでだけで、多くの人が懸念していることの表れだ。やり直しは困難なため、政府もこの声をよく聞いて対策に着手して欲しい」という。

関連記事: 新型コロナの接触者追跡とはどのようなものか?

新型コロナウイルス 関連アップデート

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa