クラウドの自由にIaCによるガバナンスを結びつけるEnv0が創業1年半で公開ベータへ

次の記事

LabCorpの新型コロナ検査キットが家庭用として初めて米食品医薬品局が認可

各社におけるインフラストラクチャアズコード(Infrastructure as Code,、IaC)のデリバリーに秩序をもたらしたいと願うEnv0が米国時間4月21日に同社の最初のプロダクトのベータをリリースし、並行して330万ドル(約3億6000万円)のシード資金の獲得を発表した。

Boldstart VenturesとGrove Venturesがこのラウンドを共同でリードし、これにSnykのGuy Podjarny(ガイ・ポジャーニー)氏など数名のエンジェル投資家が参加した。

同社の共同創業者でCEOのOhad Maislish(オハド・マイリッシュ)氏によると、デベロッパーがコードを迅速に提供できるのは祝福でもあり呪いでもある。Env0はコードがいつ、どのようにコミットされるかをITがある程度コントロールできるようにする。

「企業が今抱えるチャレンジは、クラウドネイティブなやり方の中で、クラウドリソースのセルフサービスと管理との間で適切なバランスを実現することだ。そしてバランスのとり方には可視性と予測可能性と、最も重要なクラウドのセキュリティとコストをめぐるガバナンスが必要だ」とマイリッシュ氏はいう。

同社のプロダクトを使うとユーザー企業は、デベロッパーがコードを提供してよいタイミングとその費用を定義できる。そのためには工程の全体的なコントロールをアドミニストレータに与え、彼、彼女がテンプレートとプロジェクトを定義する。テンプレートは、どのクラウドベンダーにはどのリポジトリーとプロダクトを使うのかを定義し、プロジェクトをテンプレートにアクセスしてよいユーザーに関連付ける。

画像クレジット:Env0

Boldstart Venturesの創業者でマネージングパートナーのEd Sim(エド・シム)氏によるとEnv0には、今日の継続的デリバリーをベースとする環境で開発者が必要とするガバナンスとスピードの間の良質なバランスを見つける力がある。「Env0は基本的にセルフサービスであるクラウド環境に統一的なガバナンスをもたらすことによって、これらのニーズのすべてを満たすことのできる初めてのSaaSソリューションだ」とシム氏は声明で語っている。

現在のような経済状況の中でアーリーステージの企業を立ち上げるのは容易ではないが、マイリッシュ氏が信じているのはセルフサービス型の開発をコントロールする方法を提供できる、という同社の独特の位置づけと能力だ。開発者が家で仕事をしていて、ITの視界とセキュリティの外にいる今のような時期は、それがなおさら重要だ。

同社がローンチしたのは18カ月前で、これまでずっと非公開ベータだった。4月21日が、公開ベータの初日となる。現在の社員数は10名だ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa